Workers.jpg
まえがき

 この極東の島国に閉塞する皆さん…。あるいは、群れることを嫌う、りりしき人々よ…。

 僕がこれから書こうというのは日本の水産業界のことなのだ。本来、僕は小説家になりたかったのだが、ついフラフラ、という感じで水産業界に入ってしまった。水産を生業としながら、願わくは小説のネタを拾いたいと思ったのだ。
 日本の築地市場を起点に、サカナとつき合い、アメリカ、カナダ、ノルウェ−、中国、ロシアと歩いた…ス−パ−、市場、加工工場、漁船、加工船とみてきた…いかがわしく思える商売や会社の倒産も経験したのだ…個人的にも人に迷惑をかけ、人にいえぬ悪いこと、恥かしいことをしてきた…。
 ところが、小説はちっとも書けなかった…その代わり、僕は水産業界の現状に対する不満を持ち、それを改善する「夢」を持つにいたったのだ…あるいは「幻想」というべきかも知れない…。
  なぜ「幻想」なのかといえば、僕がまちがった世界で正しいことをいい、それが受け入れられないから幻想だったのだね。
 僕はその幻想の源となるロマンチシズムをみてきた世代なのだ…そのロマンチシズムは市ケ谷の自衛隊駐屯地で蜂起した三島由紀夫や、「イ−ジ−ライダ−」のなかのキャプテン・アメリカ、僕の高校時代に現出した全共闘の運動に通じるものなのだ。三島は自分の、そしてたぶん僕らすべてが持っている心のある部分について誠実で誇り高く、命がけだった…キャプテン・アメリカは実際には存在しない「アメリカ」を捜しに旅に出た…全共闘もまた、まだみぬ幻想の理想国家のために戦い、挫折した。それらの勝算なき戦いに似て、僕は仕事が何であろうとも(また、天職が別のところにあると思っていても)、その仕事に打ち込む性格を持っていた…僕の心のある部分に男の職業とは命がけのものだという考えがあった。だからその職業の存在する世界の全体がまちがっているのだとすれば、僕はすすんでそれを改善しようとする必要があったのだ。水産業界が正にそういう世界だったのだ。 僕が水産界で体験した15年間を書くことで、業界の全体像みたいなものが表現出来る、と思った…ハイテク産業などと違い、扱っているものは目にみえる身近なサカナだから話が分かりいい…水産不況は日本全 体が直面している景気低迷を先取りしていたので、両者を比較して関連妄想的にながめる楽しみもある。それらを通して、世界のなかの日本人論を展開したい…。

 そう思って僕は筆をとった。
Back