Rookie.jpg

水産荷受けの新入社員

 品川から京浜急行線の各駅停車に乗り、北品川を経て、2つ目の駅が新馬場だ。そこで下りて7、8分歩いたところに僕が新入社員の時代を過ごした東都水産の独身寮がある。鉄筋のその独身寮の部屋は四畳半の広さの船の船室のような二人部屋で、左右の壁に沿ってそれぞれ段ベッドが1畳あり、寝る時はその上に布団を敷くのだ。
 新入社員は深夜の午前2時45分と4時30分の間に5、6本やってくる小型送迎バスで、築地市場に出勤する。
 そろばんと卸売市場法の勉強といった2週間の研修の後、新入社員はそれぞれの課に配属された。僕は塩魚課だった。
 他の課には北海三陸課、近海課、関西課、干魚課、冷凍課、加工品課などがあり、大体その名前から取り扱い魚種が想像出来たが、変わったところでは練り製品や、アジやサンマのヒラキものを扱う合物課、すし種や貝類を扱う特種課、マグロを扱う大物課などがあった。
 塩魚課は北洋物を中心に、サケ、マス、魚卵、ニシン、スダコなどを取り扱った。
 まだ暗い午前4時前、現在は朝日新聞社が近くに建つ築地の正門入口から入場する。荷物をすでに下ろした大型トラック群が、ラッシュの前に何とか都心を抜けようと正門出口に急いでいる。逆に、入場して来るのは買出し人や仲卸人、荷受会社の社員などの小型トラック、タクシ−、バス。それらの間を人が猫車と呼ばれる台車をひき、原動機つきのタ−レ−に乗っていき交う。
 築地と新橋を結んで走る都バスが2、3台停まっている停車場を右手にみて進むと、中心の交差点と思われるところにさしかかる。そこを右に曲がり、少し人気が減り、少し暗くなった先に国鉄の引き込み線があり、その手前、暗い鉄筋3階建ての建物の横にとまる。
 つかの間の睡眠の延長をむさぼっていた車中の男たちは重い身体を起こし、バスを下り、その建物の階段を上っていくのだ。
 お世辞にもきれいとはいえぬ建物の長い長い廊下をどこまでも歩く。ここは扇型に伸びた、荷受会社や東京都の事務所などが入った事務棟だ。
 事務所に着き、タイムカ−ドを押して、更衣室で作業服に着替える。
 それから、事務所を出て、事務棟のコンクリ−トむき出しの階段を下りていくと、一階部分はもう発泡スチロ−ルや木箱の鮮魚が山積みされた現場だ。
 洗浄用の海水で濡れたコンクリ−トの床を黒い、真新しいゴムの長靴で踏みしめて歩くと、やがて塩魚課が競りを行なう冷凍塩干競り場である。
 人間の膝小僧くらいの高さの長い木製のテ−ブルをさらに何台か縦長に並べ、見本陳列台が出来ている。フタの開いていない商品の箱がその上に乗っている。
 この場所は2000以上の仲卸店舗が建ち並ぶ一帯とその反対側の国鉄のホ−ムに挟まれている。もっとも、国鉄はもう乗り入れていないので、ホ−ムはその本来の役目からは離れて、荷物置場となり、ライトに照らし出されている。

 ものの本によると、市場(いちば)と市場(しじょう)は読み方だけではなく、元来、意味が少し違っているのだ。つまり、市場(いちば)はそのなかに荷受会社や仲卸人がいて、商品の売り買いを実際にしている建物や敷地のことであって、一方、市場(しじょう)は商品が取り引きされる抽象的な「場」である。
 だが、現実の用法上、市場(いちば)と市場(しじょう)との境目は結構あいまいだね。
 それはさておき、築地市場の正式名称は東京都中央卸売市場築地市場と、ちょっと覚え切れない程長いものなのだ。水産品の他に青果も扱っている。
 建物や敷地はすべて東京都の持ちものである。そのなかに荷受会社や仲卸人、付属商と呼ばれる関連商品を売る商店や食堂などが東京都に保証金を積み、賃貸で事務所や店舗を借り営業している。水産会社の荷受会社は東都水産を含め、7社あるが、主なものは東都水産、大都魚類、中央魚類、築地魚市場の4社だった。
 東京都の役目は市場の「開設者」なのだ。それは六法全書にも書いてあるのだね。
 もっとくわしく述べると、六法全書のなかには卸売市場法というものがあり、築地市場はその「中央卸売市場」の章の定めにある通り、農林水産大臣の認可を受け、東京都が開設している。他に、「地方卸売市場」という章が別にあり、ここに規定される地方卸売市場は都道府県知事の許可により開設される。
 東京都中央卸売市場には築地市場の他に、かつては大森市場、神田市場、現在でも大田市場、足立市場、板橋市場、豊島市場、世田ヶ谷市場、淀橋市場など10以上の市場があり、これらすべてが、東京都中央卸売市場に含まれるのである。
 栃木県を例にとれば、中央卸売市場は宇都宮中央卸売市場である。地方卸売市場は矢板市公設地方卸売市場、鹿沼市公設地方卸売市場、足利市公設地方卸売市場などの他、黒磯那須、佐野、日光にある。これらの市場はすべて、法律の定めるところにより、「中央卸売市場」「地方卸売市場」の文字を正式名称に用いており、その他の「市場」を名乗るものはすべて民営か、一般消費者相手のいわゆる「マ−ケット」的なものだ。
 中央卸売市場、地方卸売市場ともに流通機能の本質的な面はほとんど同じで、違いは規模の面くらいだ。
 マ−ケット的な市場には全国に知られる、札幌の二条市場、函館駅前の朝市、大阪の黒門市場などがあるが、それらはすべて、アメ横と同様に、基本的に一般消費者を顧客の対象としている。その発生もまた、戦後の混乱の時代の闇市などの民間流通を起源とするものがほとんどなのだ。
 商品は玉石混淆で、プロの厳密な目からみると、二級品評価のものが多い点は否めないね。これらの市場には地元住民の台所的な役割の他に、観光客相手の土産物屋的役割もあるから、サカナに対するある程度の商品知識なしに飛び込むと、高いものをつかまされることになるのだ。
 で、話はまた、うまい買物をするにはどうしたらよいのか、ということになるのだね。
 地域によって、地場で獲れたサカナであれば、安くていいものが買える可能性が高いので、それを知ることがひとつの要点だね。だが、その知識も、生兵法では役に立たない。たとえば、北海道とカニを結びつけて考える人は多いだろうが、それでは駄目なのだ。
 たとえば、北海道のマ−ケットの店頭で〈オホ−ツク産〉と表示して売っていても、タラバガニやズワイガニは実際はアリュ−シャン列島周辺やアラスカ近辺で獲れたものがほとんどで、ロシアやアメリカからの輸入品のリパックであることを考えれば、けっして地場のサカナとはいえないのだ。案の定、それらには身入りの悪いものや、海水でボイルしたために塩辛いものが多いね。
 いくらサカナの勉強をしてみても、エビの獲れない場所で買ったエビが安くて旨かったり、サンマの水揚げのある港で買ったサンマが冷凍品だったりするので、万全とはいえないのだ。
 繰り返しになるが、結局「安くて、よい」サカナを買うことは結構難しいことなのだ。
 それでも頑張って何とかしたいというのなら、プロに任せるのが一番だ。卸売市場の仲卸人と仲よくなり、サカナを分けてもらうことだ。
 だが、今は時代が違う。
 一昔前、卸売市場には一番よいサカナが、一番安く集まった。今は一概にそうはいえない。魚種や業者によっては、卸売市場をう回し、ス−パ−マ−ケットなどと直接取引する「市場外流通」を行なう者もいるからだ。
 だから今のところ、魚種によっては、ス−パ−マ−ケットの特売で買うのが一番安く、よいサカナを買う方法のようだ。

 僕の話につき合ってもらうためには、もう少し市場のシステムについて説明しなければならない。出来れば我慢して読んでほしいな。
 集荷業務を行なう、東都水産のような荷受会社は荷主が委託販売を依頼してきた商品や荷受会社自身の勘定で仕入れた、いわゆる「買い付け」の商品を競り・入札・相対などの方法で仲卸人・売買参加者に販売する。売買参加者とは市場内に事務所や店舗を持たない、いわゆる「場外」の業者で、開設者の承認を受けた者のことである。
 荷受会社が仲卸人、売買参加者以外に売ろうとすれば、それは「第三者販売」となり、開設者への理由付きの届出を出すのだ。
 ここで、あなたが個人的に、トラック一杯分のサカナをどこかで獲ってきたと仮定してみよう。
 あなたは荷受会社に電話して、鮮魚課の担当者を出してもらい、サカナの委託販売を頼む(これは本当にやろうと思えば今すぐにでも出来る)。担当者はサカナの数量や鮮度、荷姿、量目、あなたの希望販売価格などの必要事項をきき、つぎの日が休みでなければ、その日の深夜に魚市場のなかで、荷物を届けるべき場所を教えてくれる。
 つぎの日の朝の9〜10時にあなたはまた電話をかける。
 サカナが無事に売れていれば、担当者は「売り報」といって、サカナが売れた値段を教えてくれるはずだ。また、必要に応じて、業界全体の市況や今後の相場の動向についての助言も与えてくれるだろう。
 1週間〜10日くらいすると、「仕切り書」と呼ばれる、商品代金の計算書が郵送されてくるのだ。それは約5%の委託販売口銭と、「小揚げ運搬費」や「市場荷扱い料」の、あなたの負担すべき細かい実費の差し引かれた、商品代金決済の明細となっている。仕切り金はたぶん、もう、指定した金融機関の口座に振り込まれているか、その後2〜3日中に振り込まれるだろう。
 サカナの品質がよく、市況も味方すれば、投資資金を回収し、いくらかの利益を出し、またサカナを獲りにいくという、再生産に乗り出せるのである。

 さて、話は僕の東都水産の新入社員時代にもどるのだが、塩魚課の競り場では小揚げ、労務員、軽子といった、それぞれの機能を分担した作業員たちが、少しの無駄もなく動き、すでに競りに向かって準備を終えようとしていた。先輩の社員たちも何やら黙々と仕事をしていた。心もとなく、僕はそれらをみていたのだ。
 小揚げとは荷受会社ごとに、東都水産なら東都小揚(株)、大都魚類なら大都小揚(株)という風に、業種は貨物扱い業の、別会社に雇われた社員たちのことだ。
 小揚げたちは所属する荷受会社の社員と同じ色の制服を着(東都水産→灰色。中央魚類→紺色。大都魚類→エンジ色。築地魚市場→水色)、腰のベルトから手かぎ(木の柄の先に、鉄製の先のとがったフックのついたもの。長さが色々あり、40pくらいのものが一般的だが、マグロを扱う大物課などは70pくらいの長いものを使う)をブラ下げ、「判取り帳」という皮製の荷渡し確認の認め印帳をポケットなどに持っているのだ。
 小揚げが競り場で受け持つ機能は市場に入荷する荷物の管理と受け渡しだ…彼らは荷受会社の社員たちの出勤時間よりもずっと早く、トラック便が市場に集結し始める、競り前日の深夜から、競り場の裏の荷物置場にいる…競り当日の全入荷品のあらましの種類と数量を前もって受けとっている各社小揚げたちは話し合ってそれぞれの荷物スペ−スを確保して待機しているのだ。
 トラックが着くと、送り状の明細に沿って、商品を品種ごと等級ごとに仕分けし、山を作っていく…塩サケの木箱や、ヒモでしばったタラコのプラスチック樽など、手かぎを器用に扱い、持ち上げ、放り投げ、受けとり、高い山に積む。
 商品が入荷してから、競りが終わるまでの間、小揚げは番兵のように、荷物のところに張りつく。この間にも小揚げは配達や荷物の受け渡しをする。この間の配達や荷渡しは「(競りが終わる前の)先取り」といって、前日から仲卸人や売買参加者の注文を受けて荷渡しするもので、市場法では原則的に禁止されている行為だったのだ。このことは市場のうるさ方によって度々問題にされた。程度の差こそ色々あれ、確かに、不正行為には違いなかった。だが、遠隔地への配送便の出発時間に合わせる場合に限り、黙認するのが一般的だった。そこで、小揚げたちは普段は堂々と−−東京都職員による見回りなどがある時はコソコソと−−直接受けとりにきた客に荷物を引き渡したり、客のトラック便まで荷物を配達するのであった。
 労務員は競りの現場では、競り人の補助的な役割りをする…同じ会社の者たちが、事務所では用務員として雇われている。
 労務員たちは小揚げたちが入荷品の荷下ろしを終え、送り状と現物が合うことを確認すると、今度は、品種・等級ごとのサンプルを荷物のなかから選り分け、競り場の見本陳列台に並べる。
 競り人が出勤してくると、サンプルの「下びき」と呼ばれる検品をするのだが、競り人ごとに個性があるので、運び込むサンプルの数は不定なのだ…また、商品によっては労務員たちが箱のフタをあらかじめ開けて置く。
 東都水産の労務員の鈴木氏はガッチリした体格で、いつもランニング姿にハチ巻きを巻き、酒を飲んでいるのか、赤い顔をしていたね。
 冬はひどく寒いので、小揚げのなかにも、市場内の食堂で熱カンを一杯飲んでから仕事をする者がいた…忙しい時期、もう体力の限界というような時、酒を飲んで、また仕事を始めると、やたらと力の出る者が結構いたものだ。何も解らぬ新入社員の面倒はこういう人たちがよくみた。
 軽子というのは本来、仲卸人の雇っている配達人のことを指し、彼らは猫車と呼ばれる、人力車風に引く、細長い木の台車で配達を行なうことが多いのだ。
 ちなみに、最近は外国人労働者が築地のなかにも入ってきている。
 その主な受け入れ口の職種が、この仲卸人の軽子なのだ。
 とはいっても、外国人労働者のなかで猫車を引かせてもらえるのはある程度、その働く器量が認められた者たちだけである…配達はそう簡単ではないので、普通、最初は雑用係りである。
 かつて、築地で軽子をやっているのは廃業した相撲取りだとか、ヤクザの子弟が多かったものだった。今は外国人が多く、そのなかでも中国人が圧倒的に多い。
 一九九三年に調査した結果、仲卸しで働く外国人労働者は全部で312名いた。その内訳はつぎの通りだ。

  中国      301名
  香港        1名
  バングラデシュ  7名
  イラン        2名
  トンガ        1名

 僕がこの本を書くための調査を行なった当時、日本はバブルの好況に沸き返っていて、労働者の時給が上がり、深刻な人手不足が生じたのだね。そうした状況のなかでの外国人の雇用かと考えたが、どうも、そういうことではなかったのだ。実際はギリギリの労働条件の中にあって、日本人はすぐに辞めてしまい、外国人の方が定着してしまうということだった。取りも直さず、それは水産という職場の不人気を象徴しているといえるだろう。
 こういった専門の軽子の他、小揚げのなかにも配達専門の者がいて、彼らも市場内の狭い通路を動き回るのに猫車を使ったので、軽子と呼ばれた。「先取り」のトラックに荷物を配達するのは大抵、小揚げの軽子の役目だったのだ。また、異常に早い時間にやってくる売買参加者のなかには、まだ競り人が下びきをしている最中なのに商談を始めて、即決で商品を買っていく者がいる。これは「先取り」なのでおおっぴらにはやれないが、商談成立となると、軽子自身が競り場に入ってきて、商品の箱を閉め、配達に持っていってしまうのだ。
[Back]