MrNine.jpg

市川の九ちゃん

 少し仕事に慣れると、大体毎日買いにくる顔触れが同じことが解る。相手の人となりがある程度飲み込め、伝票書きでそうパニックすることもなくなった。
 三城、石山海産、伊セ光、天野、川正、金房、近四郎、近源、栗辰、三英、三昌、三充、佐一、市川水産、青茂、鎌保、オオハシ、北繁、北田本店、北亮、近昭、三興17号、三升、篠原、虎吉、西水産、ス八、田島、大喜魚類、武分、辻栄商店、虎三、古見、丸一水産、マルキ大一、三印原田などなど、それぞれの仲卸人が特徴を持つが、入札の流儀によって、大体3つのグル−プに大別することが出来るかも知れないな。
 三城、金房、栗辰などはいわゆる「上物師」で、自分の客からの注文の数だけを高値で落札するのだ。けっしてサカナの値段に文句をつけないが、その代わり、不良品が出たり、落札品の数量を不当に減らしでもしたら最後、烈火のごとく怒り出し、東京都の市場法を盾にとってテコでも譲らない。彼らはいってみれば、昔ながらの頑固で一徹な魚河岸気質を持った仲卸人たちだが、近年の市場の衰退とともに、しだいにその人数は減り、その気質も萎えてきている。
 典型的な仲卸人の平均値はつぎのようなものだ。品物をよく検品し、市況を読み、「下づけ」という、彼らの相場感の集大成である、買っても絶対に損をしない価格で入札する仲卸人たちだ。魚河岸のなかの絶対多数派だね。
 三つ目の型の仲卸人は残りものをそっくり、ハイエナのように持っていく仲卸人だ。そっくり、だから当然値段も安い。荷受会社に荷物を委託する荷主にとっては一種の捨て値である。だが、受けて立つ競り人たちは逆にそういった極端な安値を利用して、「競り残品」は専門の仲卸人に落とし、複数に散らさないようにする。そうすることによって、専門の仲卸人以外の安値を突っぱねるのだ。
 残りもの専門の仲卸人の代表選手には石山のサブちゃん≠竍市川の九ちゃん≠ェいた。
 石山のサブちゃんの入札フダは本当に安かった。アメ横流しが専門なのだが、めったに落札することはなかったね。たまに落札すると、かならず業界中の話題となったものだ。
 もう一方の残品処理屋の雄、市川の九ちゃんは坂本が本名だった。そこで、「上を向いて歩こう」の坂本九にならって九ちゃんなのらしい。
 風貌は坂本九に似ても似つかない。
 相撲取りくずれで身体が大きく、ヒゲが濃い…坊主頭は真ん丸で、両耳がかつての激しい稽古の跡を物語るようにつぶれているため、丸さが一層強調されている。
 九ちゃんは声も大きく、競り場にくるなり、そこら中にきこえる声で競り人に一言二言、声をかけるのだ。それは世間話だったり、前日の競馬の結果だったり、最近の市況についての感想だったりする。だが、鑑札の付いた帽子をあみだに被った九ちゃんはつぎの瞬間には様子がコロッと変わって、競り人の名前を呼び捨てにして、
 「おう、これいくらだ」
と、ドスのきいた声で脅かす。
 ちょっとしたやりとりの後、九ちゃんは自分の持っている入札メモに値段を書き込み、ちぎって勢いよく入札箱に投げ込む。競り人は大抵、値段をみて拍子抜けする。
 あまりにその値段が安いからだ。
 だが、競り人たちにも幾分、馴れ合っているふしがあるのだね…いつでも、驚くような安値でなければ、逆に九ちゃんが納得しないのだ…だが、競り人の反応は形式化する…競り人の驚きが少しでも演技臭かったり、悲壮感が足りなかったりすると、
 「ちょっと待て。今のフダ、やめた。高過ぎる。破いておいてくれや」
そしてもう一度、一段と安いフダを入札箱に投げ込んでくる。
 ある日、身欠ニシンの競りも済み、荷渡しもほとんど終わってしまった午前8時頃、九ちゃんが現場の小屋に血相を変えて飛び込んできたのだ。ちょうど、競り人も一服しているところだった。九ちゃんは凄い剣幕で怒っていた。落札して配達されるはずの荷物がまだ、店にこないという。最初は落ち着いて話していた競り人はしばらくすると、急に青ざめて、黙り込んでしまった。違法行為なのだが、九ちゃんが前もって競り人に下話をして、数量を確保させて置いた商品を競り人はうっかりよそへ売ってしまったらしいのだ。
 こういうことに対して、他の仲卸人はあまり文句はいわない。それは九ちゃんに力があるからだった。入札する値段も確かに安いが、買う数量のスケ−ルが圧倒的に違うし、負うリスクも大きい。そこにもってきて、同じ仲卸人の仲間に急の注文が入って困った時に、九ちゃんが商品を気持ちよく融通してやるものだから、持ちつ持たれつ、といったところなのである。
 さて、話を元に戻すと、競り人のところに怒鳴り込んだ九ちゃんは怒りで頭に血が上り、みるみる顔が赤くなった。コント55号の萩本欽一にちょっと似た気弱そうな表情の身欠ニシンの競り人は恐怖から下を向いてしまい、身体を折り畳むように小さくした。
 長い沈黙の時間が流れた。
 その間に、仲卸人や小揚げや、東都水産の係長などが小屋に顔を出すが、異様な九ちゃんと競り人の無言のにらみ合いをみて、何もいわずに静かに皆、立ち去っていった。
 時々、競り人は「ご免なさい」とうめくようにいう。九ちゃんは、
 「ご免じゃないよ、この馬鹿」
と、野球のキャッチャ−・ミットのようなゲンコツで競り人の肩に近い上腕部をドスンと叩く。「ヒ−」と、競り人が悲鳴を上げる。延々と30分くらい、そういう状態がつづいた。それは一種の拷問だったな。
 それでもつぎの日、いつものように九ちゃんは競り場にやってきたのだ。
 「いいか、今日は分かってるな…」と、九ちゃんは競り人を呼びつけた。「…きのう、オレは損をさせられてんだからな」周囲によくきこえる大声でいって、九ちゃんは入札フダをちぎって箱にほうり込んだ。
 意外といい値段が入ってきた。石山のサブちゃんはいうに及ばず、そっくり買う、という他の2、3軒の仲卸人よりも高い。前日、渡し損なった同じ客が、今日、またきたのかも知れなかった。
 「いいから、今日はそれでやっておけよ」
と、九ちゃんは例によって偉そうにいった。
 「よこさないと今日は殺すぞ」
と、九ちゃんは念を押してから、競り人の上腕部を思い切りつかんだ。前日叩かれたところがアザになっている競り人は悲鳴を上げた。
 結局、競り人は残品をそっくり九ちゃんに落札したが、後で九ちゃんはちゃんとフダの通り金を払わなかった。
 「馬鹿野郎っ。貸しがあるだろう」
 文句をいう競り人に九ちゃんは平静にいった。
[Back]