cart.jpg

暮れの築地で動けず

 十二月の年末の忙しい時期になると、出勤で会社に入るのが午前3時頃…帳面の山の整理、翌日の入荷の準備などの残業のため、帰りは平均夕方の4〜5時、遅い時は7〜8時で、寮に戻っても風呂にも入らず、ただ寝るだけという生活が始まったのだ。
 昔ながらの築地市場の敷地、設備は流通量の増大とともに手狭となり、実際、月曜日、金曜日、連休前、年末などの繁忙時期にはその機能が破綻していた。配達は間に合わない。荷物を下ろす場所がない。サケの木箱の山などは今にも倒れそうなくらいまで高く積み上げられた。市場全体の矛盾のしわ寄せは危険や苦痛となって、市場の住人にふりかかった。
 一度こういうことがあったのだ。その日は暮れも押し詰まった24、25日辺りの金曜日か何かで、築地市場内の混雑とマヒ状態は頂点に達していた。東都水産の軽子が配達に出た切り、帰ってこない。たぶん、大晦日の明治神宮並みの人の行列のなかで、ニッチもサッチもいかずに立ち往生しているに違いなかった。
 その内、別の荷物の配達がどうしても必要になった。仕方なく、僕が数の子の10Kgの箱2ケ−スを肩にかついで、大混雑の仲卸店舗に向かったのだ。
 仲卸店舗の敷地の中心部である第五大通路の辺は特に大渋滞になっていたな。その場所で、僕は一歩も歩けなくなった。あわただしさと湿気を含んだ空気のなかで、仲卸店舗群の区画を分ける長さ80m、幅3mの大通路はやはり同様に動けずにいる人々の頭や顔で埋め尽くされていたね。皆、全体で少しずつ揺れながらも、口を一文字に固く結び、人の流れが動き出すのをじっと待っていた。
 渋滞の原因は分からなかったが、可能性がもっとも高いのは運の悪い軽子がモタモタしていることだった…コチンコチンに凍った40Kgクラスのマグロのチャンクなどをいっぱい積んだ猫車はちょっとどこかにひっかかっただけで、荷物を落としてしまうので、そのような事故が起きたのかも知れなかった…猫車はバランスを崩すと、荷物が後に寄ってしまい、2つの車輪を支点として、ちょうどシ−ソ−の原理で、前で引いていた軽子を空中に浮かび上がらせてしまうのだ…そういう光景は非常に日常的にみられたのだ。
 だが、そういう事故が起きても誰も文句はいわない。それどころか、空中で足をバタバタさせている軽子をそのままにして、誰かが猫車に残っているマグロのチャンクを押さえる(そうしないと、猫車がカラになって、軽子が落ちてきてしまう)…つぎに、別の誰かが、最初に落ちたマグロのチャンクを手かぎでそっと、猫車に戻す…空中の軽子は静かに地上に下りてくる。

 20Kgの数の子が肩に食い込んできた…5分間以上もそこに立ったままだったから…2ケ−スで16万円也の化粧箱入りの数の子を洗浄用の海水で濡れた通路に落としそうだった…その時、2、3人の手が伸びて、数の子の箱を支えてくれたのだ…みず知らずの者が助けてくれたのだった。
 しばらくすると、人の波がようやく動き始めたのだった。
[Back]