バック・ロジャ−ズ・カフェ

 「たまには息抜きしよう」
モ−は僕にいって、バ−ジから外に連れ出したのだった。溯上する魚群がキングサ−モンから紅サケに変わる端境期の頃だった。セスナの音もきこえてこなかった。
 ベセルは北極圏の白夜のせいで、夜十時、十一時になっても明るく、大人も子供もフラフラと外を歩いていた。その明るさは映画のなかの青空をみているような変な気分だった。何か嘘の青空のようだった。
 3歳か4歳くらいの小さな子供たちが、僕とモ−が歩いてくるのをまともにみながら、口々に何かいい合い、口を手で押さえて笑っていた。
 「ハイ」
と、モ−がこちらから目を離さずにいる、その5〜6人の子供たちに向かっていったのだ。
 返事のあいさつのなかに、
 「あんたたち中国人かい」という、幾分年長気味の子供の質問があった。
 「ノオ。ジャパニ−ズ」
モ−は鼻をひくつかせながらいった。
 「カラテ出来るかい」
同じ子供がきいた。
 当時、町の映画館ではブル−ス・リ−の『燃えよドラゴン』が上映中で、エスキモ−たちと同じく東洋系の顔立ちをした主人公が白人たちをやっつけるのが面白いのか、大人気だったのだ。
 「ハア−」
と、モ−はいきなり映画にあるような金切り声を上げ、左右の正拳突きの後、前蹴りを一発、少し子供たちの方へ前進しながら、くり出したのだ。
 一瞬、驚いて後に引いた子供たちはすぐに空手の型をとり、反撃の態勢に入った。
僕たちが走って逃げ出したので、子供たちはしばらく笑いながら追いかけてきた。
 犬が吠えるのにも構わず、走って橋を渡り、左手のエスキモ−の青年たちがたむろしている粗末で飾り気のない建物にたどり着いた。床上げ式になっている入口に、階段を4、5段歩いて上がった。入口からみると、薄暗い店内は満員で、右手にボックス席、左手に椅子のない、ただのカウンタ−、奥にはジュ−ク・ボックスがあった。
 モ−が知り合いのいるボックス席をみつけて、そこに座ったので僕はそれに倣った。そこは喫茶店らしく、だがその割にモ−は何かを飲むというわけでもなく、煙草を吸いながら、ただ喋っていた。若いエスキモ−が近づいてきた。
 「白人が俺たちに何をしたか、アンタ知ってるか」
その酔ったエスキモ−は僕に向かっていきなりきいた。ベセルは禁酒法の下にあるので、密売の酒をどこかで飲んできたのだろう。
 「何」
 何か陰惨な答えを僕は予感したのだ。
 「すべてを与えてくれたんだ。だから、俺たちは働かなくてもよくなったんだ」
 その男は反体制派だったのだね。
 誰かが馬鹿笑いをした。
 「いこう」
モ−はいって、僕をうながした。煙草の煙だらけの店内は騒々しく、線香のような匂いが混じっていた。
[Back]