マリファナ・ピッカ−ズ

 八月後半になり、アラスカのサケ漁のシ−ズンも終わると、僕は日本に帰り、競り場で主にアラスカの冷凍サケを担当するようになった。
 サケには種類がたくさんあり、まずそれを憶えなければならなかった。
 シロザケ、紅サケ、ギンザケ、キングサ−モン(マスノスケ)、鉄頭、サクラマス、カラフトマス…これらは学名と対応しているので解り易い…太平洋系のサケに関していえば、国際的にも混同しない。たとえばシロザケは英語で「チャムサ−モン」でロシア語で「ケタ」だし、紅サケは英語で「レッドサ−モン」でロシア語で「ネルカ」とはっきり同じものを指しているのだ。
 ところが競り場には沖トキ、丘トキ、沖紅、丘紅、塩紅、秋サケ、メジカ、トキシラズ、ヒトシオギンザケなど、魚種以上のさまざまの呼び名が飛びかっていた。
 これらを一々、先輩に向かってきくのだが、答えは断片的で、人によって少しずつ意見が違い、総合的に系統立っていないことに気づいた。それでも、ある程度のヒントを与えてくれる先輩はまだよかったが、大方の者は黙って返事をせず、自分の肌で憶えるように、というような態度を示すことが多かった。
 学問上と商売上のサケの分類は違っていて、地域性・商売の都合・誇張・秘匿などの理由で諸説紛々としていたのだね。
 サケの種類やその名前について説明するには、歴史からみていくのがよいかも知れない。
 サケといってまず第一に思い浮かぶのは、大いなる海の回遊の後、生まれ育った川にかならず回帰するその生態だろう。古来より、秋口に川で産卵するために溯上してくるサケは流域の人々の生活をうるおしてきたのだ。長野県の上高地辺りまでサケが溯上してきたという記録はそう遠い過去のものではない。案外、人がサケの回帰本能に感動を覚えるのは、祖先たちがみてきたものに対する無意識の記憶のせいなのかも知れない。
 明治時代以降、サケ漁業の規模が大きくなっても、この秋口の産卵期のサケを漁獲するという形は変わらなかった。サケは河川に入る前、海岸線に平行に移動してくるという性質を利用して、定置網による漁業が盛んとなった。遠く、北方のロシア領カムチャッカ半島などでも、このサケのもたらす経済的効用に導かれて、ロシアや日本の会社が盛んに沿岸の定置網漁業の経営を行なったのだ。後に国策会社となった日魯漁業、現在のあけぼの缶詰で有名なニチロも、前身はこのカムチャッカ半島の漁業経営の会社だったのだ。
 日本のサケ漁業者は当時、カムチャッカ半島周辺の豊富なサケ資源に大きく依存していた。だが、第二次世界大戦を期に、すっかりその権益は失われてしまったのだ。失われた沿岸漁業の代わりに、日魯漁業などの日本の母船会社があみ出したのが、流し網という、沖の公海上で回遊しているサケを漁獲する方法だった。こうして、春や夏に漁獲される索餌回遊期のサケを秋口に漁獲される産卵期のサケと差別化する意味で、トキシラズ(時知らず)、あるいはただ単にトキ、と呼ぶようになったのである。
 母船式漁業で漁獲されるサケ類はエラ・内臓を処理され、塩をふってヒトシオサケ、ヒトシオ紅、ヒトシオギンなどと呼ばれ、生を冷凍したものを冷サケ、冷紅、冷ギンなどと呼び、8s不定貫のダンボ−ルのカ−トンに納められたのだな。
 塩魚課の競り場に多く並んでいたのは、17・5sの木箱入りの、多量の塩とともに納められた沖トキ・丘トキなどという塩サケだった。8尾、9尾、10尾…などという尾数建てになっていて、尾数ごとに相場がたった。
 名前の前につく「沖」とか「丘」は「沖」→船上加工品、「丘」→陸上加工品を意味していた。「沖」は中型流し網漁船で、漁獲してすぐ塩サケに加工したもの。「丘」は陸に水揚げしてから、工場で塩サケに加工したものだ。「沖」は作りは雑だが、鮮度がよく、塩辛かった。「丘」は作りがていねいで、選別がよく、塩が甘いという特徴を持っていた。
 日本はサケの年間消費量30万〜40万tの時代を長く経験して現在にいたっているが、北洋の流し網漁業が盛んな時代、沖獲りのサケだけで30万t近くあった。その残りのわずかの部分が、アラスカやカナダからの輸入物、国内の秋サケだった。だが、サケの公海上の沖獲りはソ連、及びロシア、アメリカなどの要求により一九九二年以降、全面停止となってしまったのだ。その失った沖獲りサケ、いわゆるトキシラズの穴を埋めているのは、長年の放流事業の成果により資源量が増え始めた国内産の秋サケ−−国内・海外の何種類もの養殖サケ−−アラスカ・カナダなどからの天然輸入物なのだ。
 競り場でサケの価値を決める要素は鮮度以外に3つあるといえるだろうね。それは、@身色A脂質B肌目である。身色があるかないか、脂があるかないか、肌目(外観)がいいか悪いかによって、値段が左右されるのだ。それらの要素の他に魚種の違いによる「格」というものがある。その格は上位から順番に紅サケ、ギンザケ、キングサ−モン、シロサケ、鉄頭、マスと決まっている。特種な例外を除き、ギンザケの値段が紅サケを超えることはなく、紅サケの底値はギンザケの値段であり、それ以下になることはない。格と、検品による評価のよし悪しによってサカナの値段は決まるといってよい。
 築地に入荷するサケは深夜の内に搬入される。競り場の裏の国鉄ホ−ムには北海道の釧路や根室、東北の八戸や塩釜などから出荷された、鉄の針金やナイロンバンドを巻いた、木箱入りの塩サケが山積みされる。なかには一部、東京都内や神奈川県辺りの冷蔵庫から持ってきたものもあり「蔵出し」と呼ばれる。
 早朝出勤した競り人たちは何100ケ−スもの塩サケのなかから、荷印・ブランド(産地などの区別)・等級・尾数ごとに何ケ−スかずつ選び出し、「ガチャ」と呼ばれる釘抜きを使って木箱のフタを開け、サカナを検品するのだ。ちなみに、このガチャで箱を開けたり、競りの後でフタを閉めるのは新入社員の主な仕事だった。
 先輩の競り人たちは何ケ−スか開けた箱のなかからさらにいいものを選び、それを競り場の見本とした。こうして、よい見本を選ぶことを「下びき」といった。
 下びきの加減は競り人によって違う。
 下びきを強めにする競り人は極端によいケ−スを選んだり、場合によってはサカナを何本か別のケ−スから持ってきて入れ換えてしまう。
 下びきに無頓着な競り人は大体平均値の品質と思えるケ−スをそのまま競り場に出す。
 これでクレ−ムが起きないのが不思議だが、毎日、勝手知ったる同じ顔触れの商売なので、仲卸人や売買参加者も、競り人の癖を含みに入れてサカナをみるのである。
 仲卸人、売買参加者は見本のサケを手にとり、内臓処理済みで開いている腹をさらに開けて身色・腹の厚み・肌目を検品するのだ。厳密にみる者は固まっている塩をかき分けて、箱の下の段にあるサケもみる。ブナ気(婚姻色)やキズのあるもの、やせたものなどを下の方に入れている場合があるからだった。毎日入荷してくる、同じ荷印・ブランド・等級でも、サカナの品質が同じとは限らないのだ。
 結局、相場とはサカナの適正価格を模索する行為であり、競り場で行なわれているのはそのための葛藤といえた。競り場での仲卸人や売買参加者たちの検品が、消費者からの相場に対する言い分だとすれば、競り人の下びきは売る立場の生産者側からの、サカナの産地や漁法などの特色による言い分だったのである。
 主な産地や漁法のブランドによる区別は大体つぎのようなものだね…。
 やはり中心となるのは沖獲りの北洋物で、母船式漁業、中型流し網漁船によるもの…なかでも母船式のサケは身色・脂質・肌目ともに最高のサケとされた。日魯漁業、大洋漁業などの母船会社が特約店渡しの値建てを決めていたので、相場的な動きはなく、競り場には換金目的以外、めったに出てこなかった。
 国内の沿岸漁業で漁獲されるサケは秋サケと呼ばれたが、産地・漁期により、品質に著しく差があった。やはり、北海道など、北のもの程よく、なかでもアリュ−シャン列島方面から回遊してきて宗谷岬に達し、通常の群のように日本海側に抜けず、反転して沿岸沿いに東に向かうといわれるメジカが最高級品とされていた。この名前は新聞やテレビなどでも時々きくが、好んでそう呼んだのは、どちらかというと生産者側で、築地では顕著な品質の差がみい出せなかったせいか、その名前に対する執着は少なかったのだね…。
 秋サケは日本海側は新潟、太平洋側は八戸、気仙沼、石巻、塩釜などと南に下がるに従い、身色・脂質・肌目ともに落ちてくる。河口に近づいて、溯上を始め、婚姻色を濃くすると、オスは鼻が曲がり、頭が大きくなり、皮が厚くなってきてAブナ、Bブナなどと称されるようになるのだ。 これらのサケは築地でも値がつかず、入札の残品となることが多かった。石山のサブちゃん辺りが買ってアメ横流しといっても、捌ける数量には限りがあった。値段と漁獲努力さえ結びつけば、資源量は流通しているよりもはるかに豊富だった。しかし、当時の用途がフライ用やせいぜい永谷園のサケ茶漬け用(永谷園はこの手のサケの消費が非常に多かった)くらいしかなかったのである。
 沖獲りのサケ、秋サケの他、これを品質的・数量的・価格的に補完する意味で、アラスカやカナダから冷凍サケが少しずつ輸入されていた。これらの輸入物、特にアラスカ物は国内物と同等の品質でも、最低2〜3割は安かった。
 理由は選別が雑で在庫した時のリスクが多く、荷姿100ポンド(45・4s)、キングサ−モンにいたっては200ポンド(90・7s)というような大きなダンボ−ル箱に入ってきて、それが壊れ易かったからである。
 「汚ねェ箱だな」
 「こんな箱、持てやしねェよ」
 「買った店の人が、腰、痛めっちゃうよ」
などなど、不満の声がきかれた。
 それに対抗して、競り人は、
 「箱売っているわけじゃねェや」と、苦し紛れにいうくらいだったね。
 サカナの品質だけについていうなら、明らかにアラスカ物は差別されていたのだ。
 だが、年月がたつにつれてアラスカ物もしだいに見直され始めた。漁獲の厳しくなった沖獲りサケの価格の高騰−−国民的ム−ドの減塩志向による塩サケの人気低落−−船凍物のパン凍結に対して、アラスカ物のIQF凍結が評価され始めたこと−−などが理由だった。これに伴い、それまで十把一からげで扱われてきたアラスカもののサケも、産地別に評価される動きとなったのだ。アラスカ物のサケを色々の意味で代表するのがブリストル物の紅サケである。このアラスカ半島の北側のブリストル湾( BRISTOLBAY )にのっこんでくる、身色が血のように赤い紅サケの魚群はその漁獲量の多さ、短期決戦の漁期による大幅な品質のバラツキにおいて、その名を知られている。ここの紅サケは肌目が悪く、口の悪い業界人などは紅サケと呼ばずに紅メジカ≠ニ呼んだ。顔つきは確かに秋サケに似ていたね。
 ブリストル湾に沿って、アメリカの缶詰工場が立地し、漁期の七月後半から八月初め頃に向けて、湾内には大型水産加工船や中小漁船が多数集結したものだ。アラスカ州政府の漁獲開始の宣言とともに、これらの船による漁が一斉に始まるのだ。
 大漁の年にはすぐ割裂処理・凍結能力が一杯になった。粗製乱造の末には、処理遅れ・鮮度落ちのサカナが急増した。かつて日本ではブリストル物ときけば、鼻に手をやった時代があった。製品に、腐って、臭いの出たサカナの混入するケ−スがままあったからである。
 さすがに、今はこういうことはなくなった。
 ブリストル湾の漁は日本のサケ相場、とりわけ「色物」と呼ばれるところの紅サケやギンザケの相場に大きな影響を与えた…また、ブリストル湾はあまりにもその来遊量が多いので、紅サケを丸のまま凍結した製品を作ることでも有名だった…基本的に、割裂の処理をしないと、内臓の血でサケの腹が焼け易く、他の漁場ではほとんど絶対にしなかった。
 ブリストル湾より約500s東のコルドヴァ(CORDOVA )のコッパ−リバ−( COPPER RIVER )周辺は紅サケの解禁がアラスカで一番早く、毎年、アラスカ物相場の走りとなる…そこの紅サケは肌目も色もよく、高値で取り引きされるのが常である…また、その筋子は航空便でアラスカ新物として日本に持ち込まれる。
 アラスカ式のサケ漁場の呼び方で、ア−クティック(北極)地域はコツビュ−(KOTZE-BUE )を中心として、脂の乗りのよいシロザケが獲れた。
 コツビュ−より少し南に下がると、アラスカ最長の河川のユ−コン川(YUKON RIVER )があり、ここに溯上するシロザケとキングサ−モンは非常に高い脂肪含有量を誇っており、高級サケとして、口うるさい日本の業界にも認知されている…そのユ−コン川を母川とするサケには、何種類かの群がある。
 まず最初に五月後半〜六月前半の辺から溯上し始めるのがキングサ−モン…このキングサ−モンの群の後から、シロザケの第一群がやってくる…このシロザケを七月半ば〜七月後半くらいにかけてやってくる第二群のシロザケと区別するため、スプリング・チャム(春のシロザケ)と呼んでいる。第二群はフォ−ル・チャム(秋のシロザケ)である。
 スプリング・チャムは日本のトキシラズに似た、丸くかわいい顔つきをしている…フォ−ル・チャムはどちらかというと、少しどう猛な馬面で、肌目も悪いが、脂の乗りは圧倒的にこちらの方がよい…スプリング・チャムは漁期の始めのキングサ−モンの群に少量混じり出し、やがてその勢力を逆転するが、フォ−ル・チャムは単独でやってくる。
 ユ−コン川よりさらに南下すると、クスコクイン川がある。クスコクイン川に溯上するサケはシロザケ、紅サケ、キングサ−モン、ギンザケと種類が多い。顔つきはユ−コン川のスプリング・チャムに似てかわいいが、肌目は悪い。口の悪い者は「金魚」などと呼んだ。川の淡水を飲んでからしか現われない緑や赤の色をしたサケが混じってきた。その代わり、身の色は魚種を問わず赤かった。北洋の沖獲りのサケに匹敵するとまでいわれていたのが、ノ−ス・ペニンシュラ(半島の北部)やサウス・ペニンシュラ(半島の南部)と呼ぶところの漁場で獲れた紅サケやシロサケをアラスカ半島からアリュ−シャン列島にかけて点在する、チグニック(CHIGNIK )やフォ−ルス・パス(FALSE PASS)などの陸上工場で凍結する製品だった…その紅サケは最上級のものしか使用しない、サ−モンの薫製業界にも受け入れられていた。
 同様に薫製業界からの信任が厚かったのが、カナダ物の紅サケだった。
 カナダという国の政策は一風変わっていて、輸出品に対する厳しい品質基準を設けている。基準に合格しない製品は国内向けとなるため、自国民は1ランク落ちるサカナを食べていることになる。
 カナダは紅サケの他にギンザケ・キングサーモン・シロザケも日本に輸出したが、キングサーモンは個体によってホワイト≠ニいって、身色の白いもの(白っぽいのではなく、本当の白色である)が散見するので人気がなく、量的に少なかった−−シロザケは日本の秋サケに似ていて、競合を避けるため、日本向けには輸出されていなかった。
 以上が一昔前の業界に流通していたサケの本当に大ざっぱな種類だが、最近はこれにかつてはなかった、さまざまな国からの養殖サケが加わったのだ。
 厳密にいえば、従来のサケでも放流を行なっているものは一種の養殖サケなのだ。しかし、新登場の養殖サケは成魚をいけすで飼うなど、より人間の手による制御が加わった。概念上も天然サケ・放流サケ・養殖サケの区別が生まれたのだ。
 「養殖物」といえば、養殖ハマチを連想する人が多いのではないだろうか。ハマチの刺身は毛嫌いして、絶対に食べないという人もいる。その理由として、彼らは養殖の過密な飼い方による奇形の発生だとか、魚病防止のために投与された抗生物質の残留などをあげる。また、養殖ハマチの脂の強さを口にする者も多いね。
 だが、僕にいわせると、やはり抗生物質や保存剤などが添加された配合飼料を食べて育ったブタや化学肥料・農薬を大量に使って栽培する農産物だって怖い。
 もしかすると、サカナの養殖が畜産や農業より歴史がないことが、このような差別の原因なのかも知れない。確かにサカナの養殖技術は発展途上にあり、近年は出荷前の抗生物質の投与中止、あるいはまったく投与せずに魚病のサカナは自然に死なせるという方法をとったりと、色々の変化がみられる 近所のスシ屋で最近、脂の乗りのちょうどよい、旨い刺身を食べた。
 すぐには何の刺身か解らなかったが、よくよく考えると〈何だ、ハマチだ〉と思った。
 「これ、ハマチ?」
僕は一応、若い板前にきいたのだ。
 「そうです」
と、板前はそっけなく答えた。
 そんなに旨いのなら天然物に違いないと、知ったかぶりをして、隣に座っていた妻にそういった。 だが、今考えると、たぶんあれは養殖物である。
 ハマチの飼料や、飼料を与える頻度も最近はよく研究され、より天然物に近い身質のものが出来るようになっているのだ。
 板前には天然物か養殖物かきかなかったのだが、きいたとしたら、彼はどう答えていただろう。
 天然物は確かに旨い…中国で有機農法の野菜やニワトリの卵などを食べるとそれがよく分かる。だが、中国はまた、世界一の水産養殖国でもある。淡水魚やエビなどが多く養殖されている…一般に、養殖は単価の安いエサで、単価の高い商品、消費者の嗜好に合った商品を作り出す仕事である。
 ハマチを1s太らせるのに、天然のイワシが約10sエサとして必要である。
 この事実に対する抵抗感というものは少なからず存在するだろう。
 だが、現実をありのままに受け入れるとするならば、どのような動物であろうとも、それぞれに食物の好みがあるのだし、食物連鎖の頂点に立つ一介の動物として人間を考えるならば、自然を自由に作り変え、生態系を管理しようとする立場も一種の自然の摂理なのだという考え方もあり得るだろう…養殖サケは現在大別して、@ノルウェ−、スコットランドなどのアトランティック・サ−モンAカナダ、チリ、日本などのギンザケの2種類に代表される…ス−パ−マ−ケットのイト−ヨ−カ堂はスコットランドのアトランティック・サ−モンを導入したし、築地の市場には毎日、ノルウェ−やチリから、発砲スチロ−ルに入った鮮魚が航空便で出荷され、競りにかけられている。
正にサケは多様化の時代に入ったのである…消費者は選択の幅が広がったが、それに伴う情報がついてきていない感じがする。
 サケの用途は多様で紅サケの極上品は薫製向け、並品は切身用である。ブリストル物の紅サケは、「色物」のよく売れる関西、九州、東北などで値が出る…小さいサイズは主に四国に回る。
魚体の小さいマスは駅の弁当、旅館の朝食、学校給食向け。
 脂が少なく、色の薄い秋サケはフライ用、病院給食向け。
 キングサ−モンはステ−キ用。
 ギンザケやアラスカのシロザケは関東の切身向け等々。
 僕が仮にサケを料理をするとしたら、フライの場合、石巻かチリ辺りの鮮魚の養殖ギンザケの切身を使う。身が少し柔らかく、オレンジ色をしている。
 焼くだけの切身用は色々目移りがするが、特売で安いものを買う。冷凍のギンザケをス−パ−マ−ケットの裏の厨房で切って、ふり塩しただけのものもおいしい。何よりも、見映えがいいので回転よく売れるだろう。真っ赤なブリストル物は味がサッパリしているが、それも好みである。特売している場合も多い。
 弁当用の辛いものが欲しいのなら、少し身の表面が酸化して、全体にぼやけたような感じの秋サケの切身がいい。見映えは悪いが、冷凍前に塩をして、味がなじんでいるからである…値段も安い。
 アラスカで筋子の加工をしている頃、よく工場からサケをもらっては、腹を裂いて塩をふり、そこら辺に放り投げて置いたものだ…後で海岸へでもいって、ナベにじゃがいもと水だけ入れて煮る…塩サケは切身にして焼き、じゃがいもが煮えたらナベのなかに放り込む。これで出来上がりである。これでも充分うまいが、固形のコンソメでもあれば、一個入れるといいね。汁から出して食べるサケの切身がご飯に合う…三平汁を食べれば分かるように、サケは意外と生臭いサカナだ…焼くことによって、その生臭みが消えるのだ。
 後は、筋子のしょうゆ漬けでもあれば最高だ。
 筋子の技術者はおかずに皆、筋子のしょうゆ漬けを食べる。つくるのは簡単だ。目の粗いザルの上で、サケの卵の粒子が下になるようにして、ゴシゴシもむ。卵は丈夫なもので、けっして壊れたりせず、一個一個の独立した粒子となってザルの目から下に落ちる。いわゆるイクラである。それをボ−ルか何かにとり、薄い塩水で洗い、ゴミをとり除く。後は、ガラスの容器に入れて、しょうゆにどぶ漬けすれば、出来上がりである。

 競り場での一年が過ぎ、夏になると、僕はまたもアラスカ出張を命じられた…結局、つぎの年も出かけたので、都合3年連続となり、アラスカ出張の専業となった感じだった。
 最初の年に旅慣れてしまい、つぎの年の一九八0年にはアンカレッジの空港からタクシ−に乗り、市内のホテルに一人で宿泊した。
 ダウンタウンのホリデイ・インに部屋をとった。僕の後にアメリカ兵がチェックインした。近くには軍港があるのだ。
 二階の部屋の窓からは、夜だか昼だか解らぬ薄ボンヤリした光のなかに、質屋、バァ−、ポルノ・ショップなどが延々と建ち並ぶ異様な街並みの一角がみえたね。ポケットに手を突っ込んだエスキモ−の男が一人、飲み屋の入口の横で通りをながめていた。左右の街並みを見渡すと、同じように、店の前や歩道上に、エスキモ−、インディアン、白人がいるのがみえるのだ。先程の、じっと立っていたエスキモ−の男がバァ−のなかに入っていった。だが、短い時間で男は出てきた。たぶん、酔っぱらっているのだ。
 僕はホテルの部屋でひとりでその前の年のベセル出張のことを考えた。
 僕はバ−ジで白人の若い労働者に少量の大麻をもらって吸ったのだ。最初は何ともなかったが、しばらくすると、変な気分になっていることに気づいた。その後、バ−ジのなかで数回、吸飲体験をしたが、大麻がどういうものか、よく分からなかった。
 思えば、僕はあらゆることの答えをみつけようとしてそれまで生きてきた…大麻の正体はどうしても知りたかった…その疑問がどうしても頭を離れず、日本でもそのことを考え、アラスカのホテルにいるその時もそのことを考えていた。
 僕は自分で大麻を買おうと決心し、ホテルから街に出ていったのだ。
 「ハロ−」と、僕は例の街角に所在なく立っている人々のなかの、なるべく人のよさそうな中年男にあいさつした。男の目をみると、少しどんよりと曇っている。それでも、口のなかの声にならない言葉で、あいさつを返したようだった。
 「どこかでマリファナが手に入るかい」
と、僕は相手をまちがえてしまったような気がしながらも、極力、単刀直入にきいた。
 「最近、ヤツらはみたことがねェな」
 男は首を横に振って、あいまいにいった。どうもアル中らしかった。
 「分かった、ありがとう」
 僕はそういって、その場を離れた。
 周りの視線を感じて少し恥ずかしかったが、平然としてみせ、真っすぐな歩道をブラブラ歩いた。 立ち飲みのバァ−に入ってバドワイザ−を頼み、煙草を吸いながら、玉突きを見物する。
 そうこうしている内に、何もせずに時間が過ぎてしまい、あきらめてホテルに帰ろうと歩いていると、反対側の歩道から声をかけてくる男がいた。男はひどく太った若い学生風の男で、眼鏡をかけ、着ているポロシャツが突き出た腹で破れそうだった。
 「ヘイ、こっちへこい」
男は大きな声の割りには、周囲を気にした、内緒話のような素振りで、僕を手招きした。
 左右の交通に注意しながら、車道を渡った。大きなアメリカ車が、どれもゆっくり走っていた。  男と合流すると、彼は僕をそばの店の入口の陰に連れていき、ポケットから何かをとり出した。
 「アンタのために、ここに葉っぱがある。買いたいか」
男は汗ばんだ感じでいった。男は大麻草の入ったファスナ−付きのビニ−ル袋を手にしていた。 〈しかし、この男は僕が大麻を求めて町中を徘徊するのをみていたのだろうか〉
 僕は思った。相手の目をみた。外人は目をみた方がいいのだ。相手は僕が意外と落ち着いているのをみて取っただろう。その男はあまり悪人にはみえなかった。仲間から情報でも入ったのだろうか。そうだとすれば、恐るべき地獄耳である。だが、考えているヒマは余りなかった。時々、パトカ−がパトロ−ルしている。
 男に値段をきいた。それがいくらだったかは忘れてしまったが、あまり高くはなかった。
 僕はすぐに金を出してそれを買い、ホテルの自分の部屋に戻ったのだね…。

[Back]