十二
パ−ティ−と夜の銃声

 すぐにミドル・ベイのプラントのマスの生産は始まった。筋子部屋のセット・アップは後からやってきた応援の、フジマリン社の専属の技術者の田中氏が万事整えた。
 「マスは嫌なんだ、細かくて…」
と、田中氏はいった。当時、田中氏はすでに六十才近かった。ところが、一九九0年頃にNHKのテレビのアラスカのサケ漁に関する番組をみていたら、偶然出てきたので、まだ現役で筋子作りをしているらしい。もの静かで、孤独を愛する、旅の空が生きがいの人である。
 「このプラントはいいものは出来ねェぞ」
 田中氏はいった。永年の勘がそういわせたのだろう。
 一方、どこで仕事があることをききつけるのか、三々五々、労働者たちが集まってきた。採用された者(たぶん、全員採用するのだが)はプラントの敷地内の片隅にたくさん並べられたトレ−ラ−ハウスに部屋を与えられた(南氏始め、僕たちもこのトレ−ラ−ハウスに泊った)。
 一般に、どのプラントでもいえることだが、筋子部屋で働きたいという労働者は少ない。サカナの処理は切って凍結庫に入れてしまえば終わりだが、卵はその後も山盛りに残り、塩漬け、選別、箱詰めと、さらに長い時間、働きつづけなければならない。おまけに、アメリカ人の彼らにしてみれば、どこの馬の骨か分からぬ日本人に、筋子の加工についての考えられぬ程子細な点を注意されるのは不愉快だ。 結局、筋子の生産は田中氏と二人で行なうようになった。
 当初はマスの搬入量も少なかったので仕事は順調だった。漁船からウィンチでマスを水揚げし、ト−ツのなかに流し込み、それをフォ−クリフトでサケの加工ラインに運ぶ。工場では雑多の性別・年齢・服装・人種の労働者たちが、ラジカセから流れる大音響のロック音楽に合わせて仕事をする。天井が高いので、音が割れた。
 2週間程のシーズン中、マスの搬入が切れることも時々あり、そういう時には、労働者たちのなかの何人かが、退屈しのぎなのか、日本人の泊るトレ−ラ−ハウスに遊びにきた。
 アゴヒゲを生やしたノッポの「お調子者」は僕たちの持っている食べものを指差しては「これは何だ」「あれは何だ」と結局それを食べさせてやるまで帰らなかった…フォ−クリフトの運転をする、ティ−シャツからいつも腹がみえている「デブ」はその姿にまったく似合わぬ、美しいジャズギターの演奏をした…一度、「お調子者」と「デブ」がきて、プラントの外に遊びにいったのだ…コディアックの市内まで「お調子者」が、「この島に着いた時にナンパした後家さんから借りた」という、ポンコツ車に乗っていった…「お調子者」はコカインを持っていて、それを盛んに僕にすすめるが、僕は恐いので手を出さない…何のヘンテツもないバァ−の前に「お調子者」は車を停めた…3人並んでバァ−に入った。突如「デブ」は敏捷性を増し、玉突きをしていたアベックに近づき、男の方を恐喝し始めた。「マリファナ・ピッカーズ」のロゴの入ったティーシャツを着たその男はキューを横に置き、しぶしぶ大麻より強いハッシッシのかたまりを「デブ」に渡したのだ…「アラスカ州では、マリファナも自動車のなかで、ドアをキチンと閉めて吸えば、合法的なのだ」と、「お調子者」がいうのをききなが ら、僕たちはその、恐喝で手に入れたばかりのハッシッシを回し飲みした…車の周りの歩行者などにはお構いなしである…突然、頭をガンと金槌で叩かれたように、激しい高揚感が僕を襲った…後は、よく憶えていないのだが、僕はとあるバァ−のストリップ・ショ−の舞台に上がり、踊り子に裸にされて、一踊り踊って、観客の拍手かっさいを受け、バドワイザ−を半ダ−ス賞品にもらったような気がするのだ。
 アメリカ人のよくいう、その「パ−テイ−」のつぎの日、大型の運搬船がマスを大量に積んでドックに入ってきた。どこか遠方の漁場で獲れたものらしく、鮮度が悪かった。コディアックの中心部のプラント全てにことわられ、こちらに回ってきたのだった。ミドル・ベイのプラントはこのサカナを買った。
 さて、そのサカナを24時間態勢で加工し始めた…二日酔い状態なのに、それは2晩と3日、最後にマスが腐敗して臭気が出るまでつづけられた…日本サイドは品質の悪いものは引き取り拒否する権限を有していた…その引き取り拒否権を宣言して、加工は終わったのだ。
 労働者たちは疲れ果てていたが、もうすぐ給料日だった。
 ところが、給料が出ないという噂がプラントに流れたのだった。
 実際、給料日になっても給料は出なかった。
「事務上の手違いで、本社からの送金がおくれているだけだ」と、フレッドは僕たちにいった。
 サカナの搬入もないので、僕と田中氏は一日トレ−ラ−ハウスのなかでじっとしていた…南氏は街に出かけてしまって、不在だった…外は雨が降っていた…テ−ブルのところに座って、酒を飲むか、トランプでもするしかなかった…時々、プラントのなかで銃声がした…昼間から酔っぱらっている連中がうさ晴らしに、空に向けて銃を撃っているらしい…彼らの奇声がきこえた。
 夜になり、暗くなると、銃声が頻繁になり、何やら不穏な雰囲気がプラントを包んだ。
 興奮した、激しい調子で、僕たちのトレ−ラ−ハウスのドアを叩く者がいた…僕と田中氏は顔をみ合わせた…木のドアのガラスにかかった白いレ−スのカ−テンを揺らすような勢いだった…いいようのない不安感に襲われたが、落ち着いてドアに近づいた。
 せっぱ詰まっているようなので、あえて逆らわず、ドアを静かに開けた…ドアの外に立っていたのは、普段から少し陰気な感じのするサケの割裂ラインの労働者だった…雨なのでカッパを着ていて、カウボ−イ・ハットをかぶっている…ちょうど、『続・荒野の用心棒』のフランコ・ネロのようだった…しかも、右手に短銃を持っていて、マリファナの臭いがプンプンした。
 僕はあきれ果てた。あきれ果てながら血の気がひいた。恐かったからだ。
 だが、その気配を悟られては相手を刺激するだけなので、「なかに入るかい」と、僕は努めて冷静にいったのだ。
 男は黙って入ってきた。
 黙って向き合っているのはまずい気がして、
 「何の用だ」と、きいた。
 「何で俺たちは給料をもらえない」と、男はいった。
 一瞬、どう返事したらよいのか、言葉を失った…男はつづけて、
 「おまえたちは何か、知っているだろう。何で、俺たちは給料をもらえないんだ」
 男は少し興奮し始めた。男はこちらの目もみていない。
 「なあ、ちょっと待て。僕たちは君らに給料は払わない。君らに給料を払うのはフレッドだ」僕は急いで、だが、はっきりとした口調でいって、うつむいている相手の目をのぞき込むようにみた。
 それをきいて、気弱そうな表情の男は何か考え始めた。しばらくすると、
 「だが、サカナを買うのはおまえたちだろう」
と、いった。
 「そうだ。だが、僕たちはフレッドからサカナを買っているんだ。給料を払うのはフレッドだ。僕たちは君らの給料がいくらなのかも知らない」
 「それは本当か」と、男は暗い声でいった。
 「本当さ。フレッドにきくべきなんだ。フレッドにきいてみたのかい」僕はここぞと畳みかけた。 「いや、フレッドはいない」
 「どこにいったんだ」
 「知らない」
 「そうか。たぶん、フレッドは帰ってくる。その時にきけばいい」
僕はそういって黙った。男も黙った。僕は付け加えることが何もなかった。男の目をまたみた。その表情からは何の感情の動きも読みとれなかった。とにかく男はドラッグでスト−ンド(ラリッている)の状態なのだね。何をどう考えてどんな結論を出すか分からない。目をつぶりそうになったが、そうしてはまずいと思い、必死にこらえた。この男が狂って、僕をいきなり撃ち殺さないことを祈った。
 すると、男は「分かった」といってドアに向かってゆっくりと歩き出した。僕と田中氏は再び顔を見合わせた。
 「フレッドにきいてみる」といって、男はドアを閉めて、冷たい雨が降るなかに出ていったのだった。
[Back]