十三
大麻密輸

 この時期、僕はアラスカ出張から帰る度に、手荷物のなかの煙草の箱のなかに大麻草を忍ばせて密輸し、日本でもそれを吸っていた…マルボロの底のセロファンをカミソリの刃でていねいに、折ってある通りに開け、硬いボ−ル紙の箱を静かにとり出す。箱も静かに開け、小さな銀紙をとり除き、捨てずに横に置いておく…煙草の茶色いフィルタ−の白い吸い口部分が20本分みえる…その内、とり易いところの煙草を5、6本、全体の並びを崩さないように、静かに抜きとる…出来た穴の部分に大麻草を適当に入れる。抜きとった煙草はカッタ−で長さを半分くらいに切断し、積め込んだ大麻草にフタをする形で、ていねいに元に戻しておく…後は、先程の手順を逆に溯り、細工が解らぬように、底のセロファンを糊付けする。
 一九八0年にはマルボロの1カ−トン10箱の内、2箱に細工をしたが、一九八一年には大胆になって、それが7〜8箱になった…品物は出張中の移動のためアンカレッジに寄る度に調達した…買う方法はさまざまだった…街角に立っている黒人から買った…インディアンは僕が金を渡すと、それをだましとられてしまった…紹介された街の入れ墨屋にいくと、ヒッピー風の入れ墨師が極少量ずつ小分けして売っていた…あるいは、街で白人に声をかけたところ、延々3時間ぐらい、車で街はずれの材木置き場や友人の家を連れ回された。
 行動が大胆なのは、買い出しの前に、落ち着くために大麻を吸っていたからである…ホテルの部屋のなかでいつも、自分の自制心が保たれているかどうか確認してから出かけた…その冷静さが奇妙に狂い始めたのは、もうしばらくしてからである…。
[Back]