十四
エレノア

 チャ−リ−中川は東北大学出身のインテリで、昭和25年生まれというから、僕よりも三才年上である。チャ−リ−≠ニいうのはアラスカでのあだ名であって、本人は別に日系二世などではない。口ヒゲを生やしたチャ−リ−中川氏は僕がベセルに出張した当時も、フジマリン社のアラスカでの責任者として、現地に出たり入ったりしていた。一九八0年の出張の時にも、何度か会ったり、電話で話したりしていた。
 一九八一年に、僕はアンカレッジの近くのクックインレット(COOK INLET)に面した、キ−ナイ
(KENAI )という町に入り、そこのある水産加工プラントの筋子生産を任されることになったのだ。
 この配置をしたのが中川氏だった。
 フジマリン社には別のブレ−ンが一人いて、彼が一つの戦略をたてていた。それはこういうことだった。クックインレットには昔から、湾をとり囲む形でたくさんの水産加工プラントが林立し、その一つにシ−キャッチ・シ−フ−ズ(SEA CATCH SEA FOODS , INC.以下、シ−キャッチ)があった。ここの女社長ドリスは業界では「くせ者」や「男勝りの豪傑」の名で呼ばれる地元の名士で、サケのシ−ズンになると、浜値(漁民から、水産加工プラントが買いとる際のサカナの価格)を釣り上げる元凶として、特に日本側には嫌われていた。だが、シ−キャッチは銀行管理状態となっていた。キ−ナイ地区の他の主要プラントは日本の総合商社丸紅の現地法人、丸紅シアトルや、三菱商事の系列水産会社三洋、母船会社の大洋漁業、日魯、その他がすべて押さえていて、ある程度の業界総意的秩序が保たれていたのである。シ−キャッチの会社の存続をまだあきらめていないドリスの、ここで息の根を止めることはブレ−ンにとって、日本の水産業界全体の利益を背景とした大きな狙いだったのだ。 最悪でも、息の根は止められなくても、間者を放ち、シーキャッチの様子を探り、裏からその動きを牽制したい、とブレ−ンは思ったのだ。
 高級なプレタポルテに身を包んだ大女のドリスはその年の契約がまだとれていなかった。サカナを買う客との契約成立なしでは、銀行管理状態にある以上、プラントは動かせなかった。だが、ドリスは苦しい状況をおくびにも出さず、余裕しゃくしゃくの体だったね。ドリスの娘たちはシーキャッチの敷地内にある海岸で、白馬に乗り、乗馬を楽しんでいた。
 日本の水産大手はすべてシ−キャッチを無視する姿勢だった。だが、彼ら以外の水産会社が入り込む可能性があったのだ。下手な会社が参入して、ドリスのペ−スにはまってしまえば、元も子もないと彼らも、フジマリンも思っていたのだ。
 フジマリン社はシ−キャッチと筋子だけの契約をした。安い値段だったが、ドリスは受けた。それも、サケを処理して出る卵をその重量で買う、いわゆる「原卵買い」でなく、日本が生産指導して出来上がった製品をその重量で買えばよい、いわゆる「製品買い」の契約だった。この方が、鮮度や品質の悪い卵を自由に選別・廃棄出来て、フジマリン社にとって有利だったのだ。
 「お会い出来て嬉しいわ」
シ−キャッチで初めて会った時、ドリスは僕と握手しながら、満面に笑みを浮かべていった。
 ドリスはまだサカナの契約がとれていなかった。サカナが売れなければ筋子は作れない。そして、僕を含めたフジマリン社の理想は誰もサカナを買いにこないことだった。正に、僕はシ−キャッチの獅子身中の虫のようだった。
 「これが工場長のデ−ブ」
と、ドリスが呼びつけて紹介してくれたのは、半そでのティ−シャツの下の筋肉が隆々とした、髪の毛の短い中年男だった。鶏を食べるのに、自分で首を絞めて殺しそうな感じの男である。
 「初めまして」
と、僕らは握手をした。
 僕は筋子部屋のセット・アップを始めた。その間に何人か、日本人のバイヤ−がやってきて、ドリスと商談するのを傍目でみていた…彼らはしばらく話をし、終わってから、現地の他の日本人たちと接触し、何か業界の支配的メッセ−ジといったらいいようなものを感じるのか、皆、契約せずに帰っていったのだ。
 クックインレットの前浜はキングサ−モン、シロザケ、ギンサケ、紅サケなどが獲れるが、全般的にその身の色は他の地域と比べて薄いといわれている。産卵期のサケということがその原因の大前提としてあるのだが、クックインレット固有の群や、エサの関係が大きくかかわっているようにも思える。サカナ屋やス−パ−の、末端の消費の段階において、陳列している内に、サケの切身の身色が白っぽくなってしまう「色飛び」の問題はサケの価値、ひいては値段を決める大きな要素である。そのなかで、日本の業界は常に身色の赤いサケを追求してきたといえるのである。プロの目でみると、クックインレットのサケは日本の秋サケと競合し、一ランク落ちるサケだったのだね。
 では、クックインレットのサケはすべて一ランク落ちるのかというと、コディアックやアラスカ半島辺りの漁場から運搬船で、身色の赤い、沖獲りのサケを持ち込んでくるものだから話は解りにくくなった。その上、身色のよい漁場のものだけ選んでサンプルにする、日本での悪質な商法もみられ、市場の混乱の原因となった(さらに事態の始末を悪くしたことは、アメリカ側で身色が問題になるなどと考える者がほとんどいなかったことである)。
漁期が目前に迫り、もうドリスの命運もこれまでかと思う頃、商社のなかで、水産のシェアの比較的少ない、日綿実業の担当課長がやってきたのだ。企業戦士、という言葉がよく当てはまる感じのこの課長は意外な程早く、まったく気負いを感じさせぬ決断力で、シ−キャッチ社とのサケ買い付け契約を結んでしまった。
 後でこの課長はこれで自分の年間の売上予算が達成出来ると、喜んでいたね。
 「さて、これでまた商売ができるわ」
と、ドリスもまた上機嫌だった。
 フジマリン社はドリスのこの幸運に、ホゾを噛む思いだった。たぶん、中川氏もトレ−ドマ−クの口ヒゲをヒクつかせてくやしがっただろう。
 この世の因果など無視するように、
 「筋子部屋には、男でも女でも、どんどん人を送り込むから、好きな人を選んで使って頂戴」
と、ドリスは僕に、元気よくいったものだった。
 生産開始となると、筋子部屋には女工が6名くらい、男の働き手が1名必要だった。労働力は完全に買い手市場で、募集をすると、後から後から人がやってきた。
 エレノアという女の子をみた瞬間、僕は彼女を筋子部屋に採用することを決めていた。たとえ、彼女がどのようなボンクラであろうとも、その決定は変わらなかっただろう。
 エレノアはオレゴン州のドイツ系移民の家の娘で、バプティスト教会のサマ−スク−ルでアラスカにきていた。年は十七、十八くらいで、上品で、清純な感じだった。目の色は茶色で、このサカナまみれの野性で未開の土地には咲かない、温帯性の木の実のようだった。目と同じ色の髪を後に結んだ様子は温かい家庭に似合う優しい母性を感じさせた。だが、少し口をとがらせて話す素振りは赤ん坊のようにかわいらしかった。
 僕はエレノアに一目惚れしてしまったのだ。
 だからといって、どう愛情表現したらよいのかも分からず、僕はただ、辛い筋子作りの毎日も、エレノアの愛想のよい笑顔と、気持ちのよい美しいしぐさを横目でみながら、うっとりと過ごしたのだったね。
 それはさておき、つぎに僕はヒッピ−系統の雰囲気の少年のような若い男と、その男の彼女で、小柄で無口な女の子を雇った。女の子はそらさずに人をみる上眼勝ちの茶色い眼をしていて、瞬間、日本人に似ていると思うことがあったが、つぎの瞬間にはやはり違っていたことに気づいたものだ。彼氏の方はシ−キャッチのサカナの加工場で働いていたが、しばらくすると、クビになったのか、自分からやる気がなくなったのか、やめてブラブラしていたね。女の子の方は筋子の箱詰めがうまく、真面目に働いていた。
 つぎはドリスが押しつけるようにしてよこした、三十才を少し過ぎたくらいの白人の夫婦だった。僕は彼らをみた時、なぜか日本のパチンコ屋の住み込み店員の募集の〈夫婦者歓迎〉を想い出した。別に問題はないので採用することにしたのだが、夫はいつも西部開拓時代のデイビ−・クロケットのような格好をしていた。妻は目付きがあまりよくないように思えた。彼らは当時まだ珍しかったビデオデッキを持っていて、よくみにくるようにと僕を誘ったが、一度もいかなかった。
 夫はよく働いたが、しばらくすると、賃上げ要求をしてきた。給料はシ−キャッチが払っているのでドリスにいえ、と僕はいった。実際、彼はドリスに話したらしいが、成果はなかったようだ。このことがあった後、彼は筋子部屋のきつい仕事をやらなくなったのだ。その代わり、こちらが頼みもしないのに、シ−キャッチの事務所、サカナの加工場、筋子部屋の間の連絡や段取りを手配する係として、いつの間にか立ち回り始めて、結構、偉そうにしていたね。

 余談だが、日綿実業の検品員は日綿実業のサカナの日本での受入先である東部物産貿易という会社の社員だった。この人は三輪といい、その前年、一九八0年の初めに倒産した大手水産商社「北商」の元社員だった。
 当時、この北商事件は朝日新聞社の一面を飾る程の大事件だった。前年の年末商戦における、数の子の異常高値と消費者の買い控え−−大商社三菱商事や道漁連(北海道漁業協同組合連合会)を巻き込んだ高値誘導の構図−−これらが話題を呼んだ。
 要するに、サカナを媒体とする、ひとつのバブル経済がはじけたのだね。
 週刊誌などで、元北商社員たちが、倒産後の再就職に際して、業界に温かく迎えられている点も話題になった。
 三輪氏もそういう一人だった。彼がシ−キャッチに検品にきたこと自体、深い意味はない。だが、やはり水産界の大事件の、渦中の人だったため、よく憶えているのである。

 僕はサケの加工ラインから出てくる卵を厳しく検品し、気に入らないものはどんどん引きとり拒否した。筋子部屋では、エレノア、ヒッピ−の彼女、夫婦者とその他3人の女工が、塩漬けされた筋子を一魚種6種類程ある規格の通りにせっせと箱詰めした。僕はサケの卵を撹拌器で塩漬けする作業と選別をしながら立ち会っていた。
フジマリン社の戦略はアラスカのサケシ−ズンの早い時期に航空便でなるべく多くの筋子を日本に出荷して、高値のうちに売り切ろうというものだったのだ。製品が1コンテナ−分出来上がった時点で、それをトラックでアンカレッジの空港まで運び、日本に向けて発送した。始めて任された仕事は順調そのものだった。僕は快い充実感を感じていた。一回目の製品の発送が無事済んだ後、僕はキ−ナイの市内の中華料理屋で自費で筋子部屋の労働者慰労パ−ティ−まで開催したのだ。
 ところが、思いの他早く、筋子の相場は急落した。北商事件の余波で、業界全体が疲弊していたことがひとつの原因だったのだね。
 このことについて、こちらは筋子を作るのが仕事なので、特に切迫した気持ちは起きなかった。ところが、中川氏がシ−キャッチ側に悟られぬようにして、密かに連絡してきたのだ。
 「シ−キャッチに黙って逃げ出してこい」
 中川氏はそういった。僕は中川氏の真意をはかりかね、問い返さなければならなかった。
 中川氏によると、ドリスは息を吹き返し、日本の相場は暴落し、もう僕がシ−キャッチにいる理由がなくなったというのだ。
 「そんなの無理ですよ」
と、僕はいった。こんな滅茶滅茶をいう人だとは思わなかった。まさか、夜中にこっそり、40tの筋子を持って出ていくことは出来ない。第一、フジマリン社とシ−キャッチの間にはキチンと契約書がかわされていた。何か問題点があるのなら、契約書を前にして、対面して話し合うべきだった。それを黙って逃げ出すなどということは、キリスト教社会ではもっとも軽蔑される、嘘をつくに等しい行為である。
 僕も聖人君子ではない。だが、平気で嘘をつくことは許せなかったのだ。だが、中川氏は、
 「ドリスに『筋子作るのやめたっ』といって、出来た製品だけ持って、出ちゃってよ」
と、他に道がないようないい方をした。中川氏のさらに上層部の判断が反映していたのだろう。
 非常に不本意だったが、あいまいな返事をして電話を切り、翌日、事務所でドリスに会い、筋子の生産を中止したいと伝えた。ドリスは首を傾げて、不可思議そうな顔をした。そして、契約の存在を理由に、筋子の生産中止を認めようとしなかった。当然だったが、このことでドリスはこちらの動きに神経質になり、筋子を保管してある倉庫にしっかりと鍵をかけてしまった。その上、地元のトラック会社全部に電話して、シ−キャッチ社から荷物を一切運び出すことのないようにと念押しまでする始末だったのだね。
[Back]