十五
グッドタイム・チャ−リ−ズ

 筋子の生産はつづけたかった…それは苦労してやってきた、仕事に対する愛着と、エレノアのせいだった…エレノアを裏切る形で仕事を終わらせたくはなかったのだ。
 とにかく、シ−キャッチからの脱出は不可能になったのだ…デ−ブは散弾銃を持って、四六時中、僕と筋子の製品を監視した…僕をみる目つきが変わってきていた…だが、こちらもこちらで、原卵の引き取りをすべて拒否し、筋子の生産を中止した。
 エレノアが僕の宿舎にやってきたことがあった…ドリスがよこしたのかも知れない…なぜ、筋子を生産しないのかきく。
 「会社の命令だ」
と、僕は答えた。そして自分の本意ではないという、精一杯の表現を示そうとした…何か、男らしくないようで、エレノアに嫌われるのではないかと、心配だったのだ。
 ドリスは引き取りを拒否されたサケの卵の売り先を、八方手を尽くして捜したが、不首尾に終わった。ドリスは眉間にしわを寄せ、事務所のなかを歩き回ることが多くなった。シ−キャッチ社にとってのサケのシ−ズンは終わろうとしていた。追い打ちをかけるように、日綿実業が紅サケのなかにシロザケが混じる割合が増えてきたことを理由に、買い付け終了の意向を伝えてきた。

 プラントにいても仕方ないので、車で街に遊びに出た…多少にぎやかな市内に入る前にセブン・イレブンがあり、その前の公衆電話から中川氏に電話した…電話回線の向こう側の中川氏に、その日のシ−キャッチの動きを伝えた後、僕はキ−ナイの街の、シ−キャッチとは反対側のはずれにある、グッドタイム・チャ−リ−ズというバァ−にいった。
 グッドタイム・チャ−リ−ズの表は土ほこり舞う駐車場となっており、そこにはピックアップトラックが2、3台停まっていた。
 店内はカウンタ−とジュ−クボックスと玉突き台のある、煙草の煙臭い所だった。店の隅の方で、踊り子が時々、ストリップショ−をやる。噂によると、二階が売春宿になっていて、カウンタ−のあまり愛想のよくないバ−テンに宿泊費を払うと、部屋の鍵をくれる…それを持って店のなかのギシギシうるさい階段で二階に上がっていくと、店中の者が拍手するというのだった。
 黒人の踊り子が踊るを横目で見ながら、カウンタ−でビ−ルを飲んだ…曲が終わると、踊り子は引っ込み、今度は白人の踊り子が出てきた。
 僕は興奮した…エレノアにそっくりだったからである。
 まさかエレノアのはずはないのだが、みていると、だんだん本人に思えてくる…他の客はあまり興味もなさそうに静かに踊りをながめている…さらに注意深く見ると、少し目元にしわがあり、身体も豊満なようで、錯覚だったことに気づく。
 エレノアに似たその踊り子の、ほとんど身体を動かさぬ踊りを僕はずっとながめていたのだ。

 ドリスはまだあきらめずシ−キャッチ社のリスクで冷凍サケの生産をすると豪語していた。
 工場のなかに会場を作り、クックインレットの定置網の網元や漁民に声をかけ、シ−キャッチ支援のための集会を開いたのだ。僕も、ドリスに頼まれて、その集会に出席した。断らなかったのは、ドリスに対する個人的な親近感からだった。
 人々がやってきて、集会が始まった。まず、ドリスが発言した。
 「最初に、こうして皆さんの顔をみられて、大変うれしいということをいわせてください」
 会場の隅で、僕は約30人の漁民たちと同じ向きに座っていた。ドリスはちょっとしたジョ−クをいったようだが、僕にはきき取れなかった。
 「今日、集まってもらったのは、最近、このキ−ナイ地区で流れている噂…、つまり、シ−キャッチがもう駄目だという、かなり悪意の感じられる噂について、そういう状況ではないということをキチンと説明し、今まで通り皆さんに安心してサケを持ってきてもらえるようにすることです」
 幾分、ドリスは声の調子を落としていったのだ。
 「皆さんもよくよくご承知の通り、シ−キャチはキ−ナイ地区の漁民と長年の間、非常に良好な関係を保ってきました」
 ほとんど全員、アポロキャップをかぶった会場の漁民たちは口を一文字に結び、おし黙っていた。 「サラマトフ・シ−フ−ズ始め、アラスカン・パッカ−ズ、その他すべての大手加工場がその企業としての独立性を失ってしまいました」
 ドリスはつづけていいながら、こちらに体を向けた。だが、視線は正面を向いたままである。明らかにドリスは意識的に、会場でただ一人の日本人である僕に対して注目を集め、暗に、キ−ナイ地区の水産加工会社を日本企業が買収していることを示唆し、地元の衰退をもたらした元凶が誰なのかはっきりと提示したのである。
 まったく、芝居っ気たっぷりだった。
 ちょっと間を置き、今度は言葉の調子を変えた。
 「だが、シ−キャッチは依然、独立したアメリカ企業の立場を保っています。シ−キャッチは漁民の利益のために働いてきました。通常の浜値よりも、常に5セントも10セントも高くサカナを買ってきました。これを可能にしたのは、皆さんが鮮度のよいサカナしか持ってこなかったこと、また、私たちが優秀なスタッフを揃え、常に厳しい企業努力を行なってきたからであります」
 ドリスはここでまた、聴衆の反応をうかがうように間を置いた。漁民寄りの姿勢が鮮明に出た話の内容だった。
 「皆さんの横に座っている紳士がミスタ−・ナカムラです。シ−キャッチのサケの卵を加工するチ−フ・テクニシャンです」
 ドリスはいきなり僕を紹介した。
 拍手が起きた。
 人を勝手にシ−キャッチの専属スタッフみたいにしてしまうドリスの調子のよさを恨みながらも、仕方なく、僕は立って一礼した。
 僕が着席するのを待って、
 「ここにいるのが、新任の工場長−−」と、ドリスはデ−ブを紹介した。
 それを受けて、デ−ブが立って話を始めた。
 「今日は。お会い出来てうれしいです。今シ−ズンから私がシ−キャッチの工場の運営を任され、ずっと生産してきましたが、製品は紅サケ、シロザケ、サケの卵、全部、日本人バイヤ−に渡り、多少、利潤もあがっています。生産ラインはまったく順調そのものですので、皆さんがたくさんサカナを持ってくることを期待しています」
 デ−ブは両手をきつ目のジ−パンの後のポケットに入れて、意外と早口にいった。
 会場のなかに、手を上げて質問する者がいた。
 「ちょっと、きいていいかい」
その田舎なまりの英語を話す、顔の長い男はいった。
 「もちろん」
と、デ−ブは腕を上げてそれを促した。
 「え−、あんたはアイスクル社と関係があるときいたんだが、本当か」
 「ええ、確かに。私は前はアイスクルで働いていた」
 「噂によると、アイスクルが銀行の指示であんたをシ−キャッチに送り込んできた、ということになっているが、それは本当か」
 デ−ブはちょっと笑った。
 「いいや、そんなことはない。私はドリスに引き抜かれてシ−キャッチにきたんだ」
デ−ブは気を取り直して静かにいった。
 ドリスがそこで助け船を出した。
 「デ−ブは長年サカナのビジネスにたずさわってきた非常に優秀な人間です。アイスクルでは、会社の方針について、上層部との意見が合わない面が出てきたので、私がそれを伝えきいて、引き抜いたの」
 デ−ブはそれに黙ってうなずいていた。
 ドリスがつづけて話す。
 「それと、銀行の話についていえば、ウチは確かにチャプタ−・イレブン(銀行管理状態)には違いないけれど、先程デ−ブもいっていたように、今のところ利潤も出ているし、ウチの営業方針に対して何の口出しもさせていない。すべてはこれから。ワシントンDCには私たちの利益を代弁してくれるロビイストがいて、政府に対して、シ−キャッチの独立を損ない、キ−ナイ地区のサケ漁の実権を日本人に譲り渡すような行為は許さないはずです。紅サケを2000t売る契約もとれている。今まで通り、シ−キャッチにサカナを持ってきてください」
 ドリスはそこまで話し終えると黙った。
 確かに、三菱かどこかに紅サケ2000tを売る口約束が出来ているらしかった。だが、その時期となっては、2000tの紅サケを生産するためには、混獲のシロザケをそれ以上生産しなければならず、その処理の当てなしでは、一歩も前に進めなかったのだ。
 会場の他の男が立って質問をした。
 「日本人たちはシロザケが買えないといって引き上げ始めているらしいが、それはなぜだい」
 その男はまるでさくらのようにドリスの話に呼吸を合わせてきいたのだ。
 「解らない。ナカムラさん、あなた日本人だから、なぜ日本人がシロザケを買いたがらないのか、私たちに教えてくれる?」
 ドリスはそういって、手帳を広げてメモをとっていた僕をまたもいきなり指名した。
 本当にドリスには参る、と思いながらも、周囲の醒めた視線のなかで立ち上がった。
 「シロザケが買えないのは、日本の国内産のシロザケの秋サケがたくさん獲れるからだ」
僕は答えた。
 質問の男は反論してきた。
 「だが、紅サケが欲しいなら、シロザケも買わなきゃ駄目さ。だって紅サケだけじゃ獲れないんだから…」
 「シロザケを買ったら損をする。身色の白いサケは人気がない」
 「白いサケは駄目かい」
 「そうだ、白いサケは駄目だ。今年はカナダでもシロザケが豊漁の予想だ。日本国内にも大量の在庫が残っている」
 「こっちで浜値1ドル30セント(ポンド当たり)の紅サケが、日本の店頭じゃ、5ドルくらいで売っているって本当かい」
 計算を慌てて頭のなかでしてみる。
 当時の為替レ−ト(約220円)でポンド当たり1100円ということはs当たり2200円。
100gの紅サケの切身にして一枚220円。
 けっして高くはない。
 「本当だ」と答える。
 「それじゃ、日本の企業は相当もうかっているのじゃないか」
 「そんなことはない」
 北商の倒産を待つまでもなく、当時のサケの業界で景気のよい会社など、一つもなかった。だが、言葉に詰まった。頭のなかに英語の単語がかけ巡った。
 〈−−他魚種の損・金利・倉敷料・在庫リスク・歩留り・販売管理費・末端売価と実勢相場のずれ・末端の値入れ・複数の流通段階・北商倒産・水産不況・累積赤字・年間商材…〉
 考えがまとまりそうになかった。
 「……とにかく、シロザケを買うと損をする」
とだけ僕はいった。
 会場にはしばらく沈黙が流れた。
 沈黙を破ったのはドリスだった。「それでは、他に質問のある方は…」ドリスは自分の目的が達成されたのか、集会の収束にとりかかったのだ。ドリスは漁民たちからの、今後の魚価の推移や他社情報についての質問に答えながら、集会の後、表の敷地内にテ−ブルを並べ、ささやかに飲み物や食べ物を用意していることを告げたのだった。
 だが、一方、漁師たちの脳裏には、銀ダラの話のように、日本人に対するいかがわしさや不信の念が残っただろう。僕に限らず、日本の商社といえども、水産業界や流通についてキチンと説明出来ている会社は一つもなかったのだ。水産流通は今だ暗黒大陸のなかにあるのである。僕はドリスやその関連のロビイストのような人々の政治的な動きにより、いかがわしさや不信の念が国と国という単位で及ぼすかも知れない影響を考えて恐怖する。
 その後、僕が水産関係で訪れた各地でも多く、似たような無理解や不信の状況がみられた。その姿は日本という国の国際社会のなかでの関係と相似形をなしている−−僕はいつもそういう思いにかられたのだった。

 集会のかいなく、シ−キャッチはまもなく、生産を完全にストップした。キ−ナイを去る前日、市内のホテルから意を決してエレノアに電話した。ホテルにきてもらえぬか尋ねたところ、エレノアは快く承諾したのだった…僕は大麻を吸っていた…エレノアをレイプしてでもその愛を受けようと思った…僕はたぶんその目的を冷静に実行出来るほど深く、大麻の薬理作用に浸っていた。
 僕とエレノアはホテルの部屋で二人切りになった。二人ともあまり話す言葉が見当たらなかった。 エレノアは髪をきれいに三つ編みに編み、長い首すじがとても白かった…すその少し広がったジ−ンズは洗いたてみたいだった。
 強引にキスをしようとするが、抵抗された。
 エレノアは意外と冷静で、目には悲しみの色が浮かんだ。
 しばらくもみ合った後、僕たちは離れた…「愛している」と僕はエレノアにいったが、それは最後のセックスのチャンスに望みをかけたからだった…「いつまでも忘れない」ともいった…だが、それも何の役にも立たなかったのだ…さっきまで二人で座っていたベッドの端が少し乱れていた…エレノアは僕を忘れないといって、軽くキスをしてくれたのだったね…。

 エレノアを家に送り、別れた後、ホテルの部屋を引き払い、荷物を全部空港に預けてからグッドタイム・チャ−リ−ズにいった。
 もう夜だった。ビ−ルを一本飲んで、すぐに部屋の鍵を借りた。20ドルだった。階段を二階に上がっていく途中、誰の拍手も起こらなかった。
 狭い屋根裏部屋のような窓のない部屋で寝ていると、前に踊っていた黒人の踊り子がやってきた。彼女は僕を別の部屋に連れていった。部屋はちょうど手術室のようで、さまざまの医療器械が置いてあった。外科手術用のような台の上でセックスをした。だが、僕はすぐにその白々しく、空しい行為を中止した。どうしても射精しなかったのだ。部屋に戻ってまた寝ていると、外の廊下の方から何かコツコツと音がする。その音は2〜3分置きに何回もした。小さな裸電球が鈍い光を放っていた。暗い廊下に出てみた。廊下の反対側の端のドアが開けられ、そこから明かりが洩れていた。その部屋から、エレノアに似た踊り子がランジェリ−姿で、なぜか、出たり入ったりしていた。僕はこちら側の端からジェスチャ−で、部屋にくるように手招きした。何回も、何回もした。ようやく気がついた彼女は向こう側の端から、部屋で待っているようにというサインを出した。
 エレノアに似たその踊り子は明け方近くになってやってきた。僕は長い間別れていた恋人と再会したような気がした。
 僕と踊り子は二匹の動物のように交わった。
 「−−この、小さな畜生め」
 踊り子が叫ぶのを僕はきいたような気がした。
[Back]