一八
逃亡者


 年が明けて、一九八二年になった。僕は一方でATCの紅サケを完売した自信を持ち、反面では強い不安感にさいなまれていた。不安感は被害妄想的で、世間の人が皆、僕の思考を透視していて、それをネタにからかったり、いじめたりしていた。
 たぶん、僕は平静な感覚を失っていたのだろう。怒りっぽくなり、もの忘れが激しくなった。世界が奇妙にみえ始めた。そこら辺からぶら下がっている縄は僕の首つりのためにあった…市場内のトラックの運転手は僕をひき殺そうとした…便所の掃除夫はガスマスクを被った暗殺人だった…。
 それでも、正気のつもりだった。
 市場内の友人で、僕の大麻吸飲の事実について知っている者が何人かいた。その他に、そのことに勘づいている者がいても不思議ではない。
 表向き何もないように仕事をつづけたが、精神が市場内でのプレッシャ−に耐えられなくなっていたのだ。
 ある日、僕は競り場で、いつもうるさいことをいう仲卸人の一言に逆上して、相手の胸ぐらをつかむようにして喧嘩を始め、上司や仲間に止められる事件が起きたのだ。普段のストレスが爆発したのだ。
 上司たちが僕に医者にみてもらうことをすすめたり、何か悩みがあるのではないかと相談を持ちかけてくるようになった…僕はそれらをすべて退けた。
 また、ある時は築地の防犯協会の会長を勤めている仲卸人がわざわざやってきて、築地警察の刑事が優秀な点などについて意味深長に話を始めたのだ。僕には大麻吸飲をやめる気がなかったので、もはやこれまでと思い、東都水産を辞めることにした。
 僕は築地から逃げ出したのだった。

[Back]