akodai.jpg
十九
東海切身

 東都水産を辞め、水産界からキッパリ足を洗おうと思った。
 だが、就職活動は思うに任せなかった。
 英語力を生かそうと思い、神田にある英語学校の入社試験を受けたが失敗した。水産加工場で労働者をどやしつけたり、街で得体の知れない連中から麻薬を買うための英語では、少しレベルが低かったのだ。
 雇用保険が切れ、失業期間も長引きそうになり、仕方なく、知り合いの本田という人が専務を勤める、東海切身(株)の門を叩いた。東海切身は巣鴨にあり、幸運堂という薬局が家主の、1フロア1ル−ムの細長い雑居ビルのなかにあった。薄暗くて狭いエレベ−タ−ホ−ルのメイルボックスに、東海切身の社名の書かれた小さな紙が貼ってあった。五階に上がり、ドアを開けると、すぐに全体が見渡せるような事務所に年配の女性2人と、やはり中年の男性2人が働いていた。本田専務は奥の一番大きい机を前に座っていた。
 「オウ、直ちゃん。元気かい」
まだ30歳を少し過ぎたばかりの本田専務は、僕をみていった。元気なはずがなかったが、僕は「はい」と答えた…実は、僕が水産界に入るきっかけとなったのが、この本田専務のすすめなのだった。 大学卒業の頃、僕はやはりその時と同じように就職捜しで苦労していた。
 当然だった。
 僕は大学生活を7年間もやっていたし、サラリ−マン以外の何者かになろうという以外、自分が将来何をしたいかも分からなかったのだ。
 そういうある日、高校時代から入り浸っている、巣鴨のミニマムという喫茶店で相変わらずゴロゴロしていると、本田専務がやってきた。普段から、彼も時々そこでコ−ヒ−を飲むのだった。
 「なにやってんの」
と、その時、本田専務は僕に声をかけた。確か、それが本田専務と口をきく初めての機会だった。おたがいに顔だけは知っていた。近くの雀荘でよくみかけたからだった。
 「いやァ、就職活動がうまくいかないんですよ」
と、僕はいった。本田専務は少し笑って、こういった。
 「そうか。おまえみたいななまけ者にピッタリの職場があるから、そこ、紹介してやるよ」
 「それはどういうところですか」
 「うん、つまりな、競り場ってところがあって、何しろそこに突っ立って、ポケットに両手、突っ込んで、煙草でも吸いながら待っていると、向こうから客がやってくるんだ。なっ、楽だろう。自分からお客を捜しにいくことないんだよ。まっ、その代わり、朝がちょっとキツいけどな。4、5時起きだ。だが、何ッ、起きちまえば、こっちのものよ」
 「つまり、魚河岸のサカナ屋ですか」
 「うん、そうよ。それでな、その魚河岸に築地魚市場(株)、通称東市って大きな会社があって、その会社は東証二部上場のりっぱな会社なんだが、そこの上田って社長はオレと一緒にアイスランドやノルウェ−に遊びにいった仲で、友達なんだ…だから、将来おまえも社長だ」
 「社長?僕が…?」
話はどんどん大きくなったが、本田専務は自信満々つづけた。
 「おう、そうさ。社長よ」
 「まさか」
 「何ッ。本当だよ。築地の連中なんてオレを含めて馬鹿ばかりなんだから、おまえくらいの頭がありゃ、楽勝さ。オレが外から、おまえが社長になれるように手引きしてやるよ」
 僕は眉に唾してその話をきいていたが、その内、本田専務のあまりの熱弁にほだされてしまった。 「じゃあ、ちょっといってみるだけいってみますよ」
 「おう、そうよ。そうこなくっちゃ。オレの名前を出せば一発だから」
 本田専務は僕にハッパをかけたのだ。
[Back]