二十二
バルセロナ

 ノルウェ−のシシャモ漁は終わった。
 飛行機でオランダのアムステルダムまで飛び、ホテルオオクラに泊った。
 僕は日本に帰る前にちょっと遊ぼうと思い、南にいくことにしたのだ。北から南にいく理屈はこうだった。
 北国は気候が寒く、人間は謹厳実直で退屈だ…それに麻薬がない…寒いところで麻薬に溺れていると、死んでしまうからだ…それに反して、南に行けば行く程、人間は開放的で明るい…自然の幸が多いから、あくせく働かなくても生活には困らないし、麻薬も多い。
 アムステルダム空港のカウンタ−に行くと、スペインのバルセロナ行きがあったので、トランクをロッカ−に預け、手荷物一つでそこへいくことにした。

 イベリア航空機はバルセロナに近づくと、延々とその海岸線上を低空で飛んだ。窓からみると、地中海の色彩の豊かさを感じさせるリゾ−トの香りがした。
 僕は空港でタクシ−に乗った。
 タクシ−は奇妙なガウディ−の建造物の横を通って市内に向かった。
 英語がまったく通じなかった。あまり高くない市内のホテル、とタクシ−の運転手にジェスチャ−をすると、街の真んなかのガウディ−ホテルに連れていってくれた。
 僕はチェックインした。
 ドアマンもフロント係も、いやに愛想のよ過ぎる若い男たちだった。
 早速、街に出た。街の中心に魚市場があり、エビやタコ、日本でみたことのある大西洋産の冷凍ヤリイカ、鮮魚等を売っていて、どれも意外と活きのよさそうなものばかりだった。
 海岸に出ると、コロンブスのサンタ・マリア号が港に飾ってあり、周りに菓子売りの屋台や、家族連れが出ていた。
 夜になり、そこら辺の店でホットドックを食べ、安い赤ワインを飲み、店から出て街のなかに突っ立っていた。すると、かなり年配の娼婦が僕に声をかけてきた。少し英語を話すらしい。何か誘いかけるような意味のことをいうが、僕はことわった。娼婦はあきらめよく立ち去ろうとしたのだが、僕は思い直して、それを引き止めた。
 「どっか、飲みに連れていってくれ」
と、僕は彼女に英語でいった。
 僕たちはそれから、バルセロナの夜の街をずいぶんと歩いた…まるで夜空がなくなってしまったように高い石の建物が両側から挟んでいる狭い石畳の道の街だった…それらの路地のところどころに、子供たちがまだ遊んでいたり、不具者たちが集団を作ったり、老人たちがゲ−ムを楽しんだりしていた。
 僕とその娼婦は数軒の酒場をハシゴして、ぐでんぐでんに酔っぱらってしまったのだった。
 もうそれで遊びは充分だったので、僕は娼婦に金を払おうとした。
 にぎやかな街の真んなかで、彼女はいきなり僕の頬にキスをすると、急に泣き出して、横にあったゴミの山に倒れ込んだ…ちょうどそのゴミは日本の黒いビニ−ル袋と同じ袋の山だった…周りで、口笛の音がきこえた…娼婦は悪酔いしたようだった。
 僕は自分の母親くらいの年齢のその娼婦を抱き起こし、顔についたゴミを払った。
 「ム−チョス、グラシアス(ありがとう)。帰る」と、彼女はいって、自分でヨロヨロと立ち上がった…僕はいうべき言葉を捜し、「今夜は楽しかった」と、いった…その言葉をきいて娼婦は急にしっかりとし、しゃっくりをしながら立ち去った。

 つぎの日は日曜日で、街はマラソン大会だったのだ…夕方まで待って、僕は街一番の歓楽地帯に入り、そこに立っている黒人たちに、大麻が手に入らないか尋ね歩いた…黒人たちは何かの連絡手段のように口笛を吹きながら、僕を街中連れ回した…右も左も無人の路地の真んなかで、小さなハッシッシ(大麻樹脂)のかたまりを手渡された…値段は目玉が飛び出すくらい高い。
 それを買い、街の広場でひとり、疲れて休んでいると、落ち着きのない様子の黒人の混血の男がやってきて、これも買ってくれと、ビニ−ル袋に入った葉っぱを僕にみせた。何かパサパサした感じでものはよくはなさそうだったが、それも買った。それから僕はホテルの部屋に帰った。
 高価なハッシッシは日本に持ち帰るつもりで、後から買った大麻草だけを試しに吸ってみることにした…すると、大変なことになった。
 しばらく吸っていなかったためのフラッシュバックと呼ぶのだろうか。あるいは、大麻草にスピ−ド(覚醒剤)か何か混ぜてあったのかも知れない。
 説明が難しいのだが、始めホテルのなかのもの音がほんのわずかの、他の部屋の人の息だとか、足音だとかが鮮明にきこえるようになり、そのつぎにもの凄い恐怖感が理由もなく襲ってきた。発狂する恐怖、気を許すと心臓が止まりそうな感覚、自殺する願望などが次々と現われ、それに耐えるために冷汗をかき、ベッドの上で硬直し、思わず叫び声を上げてしまった。
 死ぬことは簡単だった。部屋はホテルのかなり上階だったし、建物の真んなかはずっと下の中庭まで吹き抜けになっており、そこに向かって大きな窓が開いていた。
 僕はホテルのベッドにしがみついたのだ。
 恐怖がどのくらいの時間つづいたのか分からない…それは5分間のことだったかも知れないし、3時間のことだったのかも知れない…だが、推測すれば、たぶん少なくとも30分以上のことだったと思う…恐怖から解放され、正気をとり戻しかけた僕は急いで大麻草の袋とハッシッシを持ち、部屋を出た。ホテルの階段をかけ下りる。フロントに着くと、フロント係の若い男が2人で一つの新聞を読んでいた。
 「これを処分してくれ、頼む。自分で自分を殺しそうになった!」
血相を変えた僕は、たぶん相手にはわけの分からないことを叫んでから、大麻草とハッシッシをカウンタ−に叩きつけるように置いた。2人のフロント係は呆気にとられて、カウンタ−上のものをみた。2人はおたがいに顔を見合わせ、僕がもう一言発する前に、カウンタ−上のものをサッと腕で隠して、どこかへしまった。
 「OK。ノ−プロブレム。OK」
と、フロント係の一人はすべてを手で払いのけるようなジェスチャ−で、平然といった。

 つぎの日、フロント係の男は笑っていた。
 「お客様のしたことは正解です…コ−サ・ノストラに消されたかも知れません」と、機関銃を撃ちまくる格好をしてみせた。
 僕はその冗談に鼻で笑った。
 「あのハッシッシは最高でしたよ」
 フロント係は小さな声でそうつけ加えた。
僕はそれが気に入らなかったが、いずれにせよ、僕はこの時、大麻をやめることを決意したのだった。
[Back]