二十四
暗闇で踊る

 生きていく上で右にいくか左にいくか、決断しなければならない時がある。まったく条件は一緒。こういう時、人はどういう基準で判断をするのだろうね。
 色々考えたあげく、合理的理由づけがみつからない場合には、どちらかに賭てみることもあるだろう。
 非合理的判断基準なら色々ある。宗教とか縁起かつぎとかがそうだね。あるいはまったく関連性のないものを対象にするとか。つまり、たとえば、左の空の方が明るかったから、そちらにいくというようなことである。
 流行歌やマスコミや映画に含まれるメッセ−ジもひとつの判断基準になるだろうね。そして、そういうメッセ−ジを受信した個人個人の積み重ねが社会全体となっていく時、それは「世論」とか「世の中の情況」になる。
僕の、超自然の力に導かれているような精神状態はまだつづいていた…。
 たとえば、何人の人々がブル−ス・スプリングスティ−ンの「ダンシング・イン・ザ・ダ−ク」をきいて、それまでのヤクザな生活から足を洗って、定職について落ち着いただろう。それは日本ではあまり知られていないことだが(?)、世界中で何100万人の単位でいると僕は思うのだ。ビ−トルズの神話が信じられるなら、彼らの反面のこの神話だって信じられると思うのだ。
 一九八三年のカナダ出張で、僕は自堕落なジャンキ−から、仕事に生きる自覚ある社会人へと変身したのだ…それがブル−ス・スプリングスティ−ンの歌やレ−ガン大統領の政策が生み出した社会的気分のせいなのか、本当のことをいって僕には分からない…だが、現実の話として確信出来るのは、日商岩井が僕をそっちに引っ張ったということだ。
 世界に冠たる総合商社、日商岩井に関連した仕事をすることによって、僕は大麻によって失われた自分の失地を幾分かでもとり戻し、再び社会的に飛躍出来ると思ったのだ。
 東海切身という企業のなかには、2つの力のベクトルが働いていた。一つはスポンサ−の日商岩井が体現しようとした、企業の持つ社会性を生かすことをひとつの使命とした力であり、もう一つは実務を担当する本田一族の独立した個人企業としての面を重視する力だった。僕はどちらかというと企業の持つ社会性に重点を置いたのだ。
 2つの力の利害が対立する場面も当然あった。そういう時、本田専務は僕に2つの力の間の選択をせまった。僕は常に企業の持つ社会性を重視した。尊敬に値するのは、僕にそういう選択の自由を与えた、本田専務の度量の大きさである。結局、よきにつけ、悪しきにつけ、今日の僕があるのは本田専務のおかげだが、仕事上のさまざまの変化のなかで、本田専務はいつも僕を信頼しかばってくれたのだった。
 一九八四年になると、僕は中国の大連に出張し、スルメイカのミリン干しの生産指導を行なった。これは本田専務のアイデアのイカのミリン干しをイト−ヨ−カ堂に販売したところ、かなりの勢いで売れたからだったのだ。
 水産の世界では、ほとんど価値のないものや、廃棄していたものから、一転して利益が生じるということがよく起きる。たとえば筋子がそうである。アラスカで、サケの内臓とともに廃棄していた卵に、日本人が目をつけ、もらったり、タダ同然の値段で買って製品にし、商売をしたのである。同様のことは、サケの中骨の缶詰しかり、マグロの目の裏の脂肪しかりで、例をあげれば枚挙にいとまがない。イカのミリン干し加工の始まりも、それに近いものだったのだ。
 一九八三年に、母船会社の極洋などが獲ってきたニュ−ジ−ランド産の冷凍ヤリイカの在庫が、豊漁のためにダブついていた。特にこの年はイカの1尾が100g以下という、非常に小型のものが多かった。従来、これらのサイズのイカはマグロ漁船の餌料用という、限られた用途しかなく、単価も安かった。原油代の高騰・入漁料の支払いなどでコスト高になっている母船会社にとって、その小型サイズのイカはますます収益性を悪化させる原因となっていて、それが浮動玉として市場に出回ったのだ。東海切身はこの冷凍ヤリイカを都内の冷蔵倉庫から引きとり、足立区鹿浜橋の自社工場で試験的に加工した。
 加工食品として、どうイカに付加価値をつけるかが問題だった。本田専務の意見で、イカを竹串に刺し、ミリンとしょうゆの味付けにすることにした。
 まずブロック状になっている原料を解凍して、イカを一尾ずつはがし、半解凍の状態でこれをツボ抜き(胴体から足をはずすこと)にした。完全解凍しないのは、イカの鮮度落ちを防ぐためだった。内臓を除去し、ゲソ(足)から烏口と呼ばれるイカの口ばしや目玉をとり除く。これが終わると、薄い塩水で一旦水洗いしてから、焼き鳥の要領で、20pくらいの長さの竹串にイカの胴体とゲソを元のイカの姿を再現する形で少し波打たせて刺した。
 つぎに色付けをした。これは、いかにもミリンとしょうゆによく漬かった、おいしそうな色を出すためである。そのためだけの工程だ。
 ス−パ−マ−ケットなどの基準に反する、合成着色料は避け、天然色素のモナスレッド(赤色)、ノリビキシンカラ−(黄色)を混ぜ合わせた茶色の液体に、串刺しされたばかりのイカを漬ける。着色料を洋服などにつけないように注意する。一旦つけたら、まず落ちない。手につけたものを石鹸で洗っても、1日か2日は落ちない。
 約1時間で、イカは黄金色に着色される。
 着色を終わったイカは今度は味付けの原液に漬けられる。
 しょうゆ・ミリン・グルタミン酸ソ−ダ・ぶどう糖・ソルビット液(糖類)・アルコ−ル・塩・水の調味液のなかにイカを沈める。
 調味を終えたイカは水切りの後、発砲スチロ−ルの容器にきれいに並べられ、凍結をかけられる。 早速、僕と本田専務はイト−ヨ−カ堂の本部にサンプルの商品を持ち込み、売り込んだ。
 あまり乗り気をみせないバイヤ−は条件をつけてきた。マネキン(マネキン紹介所の派遣する販売員)をつけて、試食販売してくれという。全国に100以上ある、イト−ヨ−カ堂の店舗のなかから何店かをピックアップして、日程を組んでル−トで販売し、そのお客様に対する反応しだいで、定版商品として登録するかどうか検討することになった。
 本田専務はすぐ、これを了承した。
 定版商品になるということはビッグ・バイイング・パワ−であるス−パ−の本部が作製するオ−ダ−ブックに載る、ということなのだ。全国ネットの各店舗の、それぞれの担当のマネ−ジャ−たちがこのオ−ダ−ブックをみながら商品を発注するのだ。取引業者にとってのメリットは計り知れない程大きい。
 マネキンをつけた試食販売をやってみると、イカのミリン干しはよく売れた。
 東京郊外のイト−ヨ−カ堂の店舗で昼間、まだあまり客のいない時間にイカを焼く。調理方法は一つしかない。マネキンが持ち込んだホットプレ−トでイカの裏・表を焼くだけ。そうすると、きれいな白いプラスチックやガラスが目立つ明るい店内に、あの独特な、しょうゆの焦げる極日本的な臭いがたち込め、それにつられてチラホラと主婦たちが集まってくる。不思議なもので、ス−パ−の通路が少し混み合い、身体を横にしてすれ違うような状態になると、人は何かを買わなければならない強迫観念にかられるらしい。それはよく売れている八百屋の店先や、バ−ゲンセ−ルの雑踏のなかで感じる心理と同じなのだ。そこでマネキンに一言、気のきいた言葉などかけられると、〈じゃあ、一つくらい買ってみましょう〉という気になってしまうのだね。
 販売が好調なので、当初足立区鹿浜の自社工場でのみ生産していた製品が間に合わなくなった。そこで、急遽、茨城県那珂湊市の外注工場に委託して生産させた。だが、ここでもすぐに生産能力の限界を超えて注文が入るようになり、工場の尻を叩き、残業して間に合わせる毎日になった。
 だが、追い打ちをかけるように問題が起きた。保健所の立ち入り検査があったのだ。検査の結果、廃水するイカの調味液のPh濃度が高過ぎるので、浄化槽を新設するなりして、何らかの改善策を立てるようにとのことだったのだ。
 好調な販売から一転、東海切身は苦境に立つこととなった。浄化槽を新設するには数千万円の費用がかかり、中小企業としての収益性がまったくなくなってしまう。さりとて、頼み込んでやっと導入してもらった経緯から、簡単に撤退することは考えられなかった。
 ところが、そこに渡りに舟とばかりに出現したのが、東京丸一商事が中国大連で行なっていたアルゼンチンのスルメイカの加工の話だったのだ。中国貿易に大きく依存する東京丸一商事はアルゼンチン産のスルメイカを直接、大量に大連に陸揚げし、中国糧油食品公司という工場で干しスルメに加工していた。その事業のメリットはつぎの2点に要約された。つまり、ひとつは中国の安くて豊富な労動力による生産コストの低減−−もうひとつはIQ(IMPORT QUOTA)品目である冷凍イカを干しスルメに加工することによって得られる、日本に輸入する際の関税上のメリットだった。IQ品目とは、原則輸入禁止で、例外的に「商割」「需割」などといって、商社や特別の需要者の団体(全珍連、全国いか加工業協同組合、全給連など)に与えられる輸入枠の割り当てによって輸入を許可される水産物のことなのだ。一般に割り当ての方法には金額割当と数量割当の2つがあった。イカの場合には数量割当なので、一定数量の「商割」の輸入枠を持つ東京丸一商事としては、目方が少なく金額の高い干しスルメを輸入した方が有利なのである。
 この事業のアルゼンチン産スルメイカのなかから、干しスルメにするには不適当な小さなサイズのイカがかなりの数量出てきていた。これを何とか出来ないと、本田専務に相談が持ちかけられたのである。
 東海切身がその時得た発想はけっして誉められたものとはいえない。中国でイカのミリン干しの加工を行なえば、廃水問題は起こらないはずだった。それは中国の環境問題についての後進性を利用しようという発想である。もちろん、安くて豊富な労働力も魅力だった。
 僕らはイト−ヨ−カ堂の了解を得て、急遽イカのミリン干し加工に必要なダンボ−ル、調味料などの資材を大連に船便で送り込んだ。僕もその後を追い、生産指導のために大連に入った。
 中国大連は戦前に日本人の作った路面電車を走らせ、やはり日本人の立てた建物が残る、こぢんまりとした印象の街だった。街路樹の緑がきれいだったが、少しほこりぽかった。中国糧油食品輸出入公司の工場は街の中心から40分程車で走ったはずれにあり、工場の屋上や広い敷地内に、干しスルメが洗濯物のように無数に干してあった。工場は古く、冷凍機は食肉用のものだったが、別に問題はなかった。労動力はさすがに豊富で、質も高かった。
 僕はしばらくこの工場に張りつき、ロシア系の青い眼の女の子も混じる女工たちにイカのミリン干しの色付けや味付け、竹串の刺し方などを指導したのだ。
 大連でのイカミリン加工はおおむね成功だった。僕は日本に帰り、中国産のスルメイカのミリン干しはイト−ヨ−カ堂でよく売れた。だが結局、定版商品にはならなかった。マネキンがついて、客に試食させるとよく売れたが、商品棚に並べて置くだけの、いわゆるセルフでは売れないことが判明したからだった。
[Back]