二十五
デ−ト

 中国に出張した年の五月に、僕は自分の将来の妻となる女性に出会ったのだった。
 妻は僕の中学校・高校時代の同級生の妹だった。顔だけは前から知っていたが、話をしたことはなかった。
 その日、僕は会社からの帰り道で疲れ、気が重かったのだ。妻も沈んだ表情で反対方向から歩いてきた。
 その時、僕は運命的な啓示のようなものを受けたのだ。
 家に帰った僕は彼女に電話をかけた。僕はカナダへの出張を控えていたので、帰国後にデ−トしようと一方的に誘って電話を切った。
 カナダシシャモのシ−ズンを終え、七月に日本に帰った僕は妻に早速電話をした。
 最初のデ−トで帝国ホテルのフランス料理屋へいった。これは日商岩井のトロント支店長だった三浦という人の処世訓の受け売りだった。三浦氏はこういったものだ。
 「僕はある国に駐在が決まると、最初にかならず、その国の一番いいホテルの一番いいフランス料理のレストランにいくことにしているんだよ。これを卒業して置けば、恐いことはあまりなくなる」 その日はパリ祭記念とかで、帝国ホテルのレストランは特別メニュ−をサ−ビスしていたが、それでも一人前4万円だった。周りを見渡すと、他の客は一組だけだった。僕はお仕着せは嫌だと見栄を張り、メニュ−に目を落としていた。しかし、値段をみると、一桁まちがえているのではないかと思う、1万〜2万円の値段がズラリと並んでいた。ふっと一息つき、彼女の方のメニュ−をみた。何と女性のメニュ−の方には値段が入っていないという念の入れようだった。女性には金銭などの俗事の心配はさせまいとするフランス式の配慮なのだろうか。
 食事は何とか無事に済ませ、結構、恐いものがなくなったのを僕は憶えている。そして、後でまた腹が減り、銀座の「なかよし」でふたりでラ−メンを食べて帰ったのだった。
[Back]