二十八
新会社設立構想

 内心、東海切身ももはやこれまで、と思ったのだろう…本田専務は生き残りのためのつぎなる策を打ち出した。
 それは日商岩井と東海切身の共同出資で、新会社を作るというものだった。
 東海切身の状況はさまざまの問題点をはらんでいた。
ス−パ−マ−ケットから工場の衛生面・設備面の不備が指摘された。
また、工場の立地は広範囲に、無秩序にちらばっていた。
まず、足立区鹿浜橋と茨城県筑波には自社工場、千葉県大網にはシシャモの外注工場、茨城県那珂湊にはニシン及びシシャモの外注工場、宮城県石巻には赤魚粕漬けの外注工場があった。
これらの工場への原料・資材の供給、工場からの製品出荷、取引先への納品という流れが複雑に入り組み、効率の悪さによる物流コストの増大が深刻化していた。
 当時、イト−ヨ−カ堂は業者に対する発注システムや物流の効率化の推進を行なっていた。
 イト−ヨ−カ堂に商談にいくと、実に明快な、つぎのような会社の方針をきかされたものだった。 いわく、イト−ヨ−カ堂では取引先の業者をA〜Eの5段階に評価していて、それに基づいた対応のマニュアルが出来上がっている…Aランクは設備も経営もしっかりしていて、他の競合するス−パ−マ−ケットにはない「差別化商品」を作る技術力のある会社…Bランクはやはり設備も経営もしっかりしていて、競合他社との対抗上、どうしても品揃えする必要のある商品を作る会社。これはいわゆる、ナショナル・ブランドを作る大手メ−カ−のことである。つまり、日本全国どこへいっても名前の通っている「キュ−ピ−のマヨネ−ズ」だとか「桃屋の花らっきょう」のような商品のメーカーである…このように、C、Dとつづき、Eランクは従来からの取り引きの延長線上でつき合っているが、設備・経営ともに問題があり、作る製品もそれ程よくない会社という話だったのだ。
そのランクによってイト−ヨ−カ堂は効率化のスケジュ−ル、内容、支援態勢などを変えていくのだとはっきりといい切った。
 たとえばAランクの業者の場合には、イト−ヨ−カ堂としても、将来にわたって取り引きをつづけたい業者なので、多少のわがままはきき、発注システムにおける特例措置の実施や、物流における、共同配送便の差し向けなど、出来る限りのバックアップをする。
 このような支援の態勢がランクが下がるに従ってなくなっていくのだ。Eランクの業者はイト−ヨ−カ堂の企図する効率化のレベルに達しない限りは、徐々に取引量が減っていくというわけである。 東海切身はEランクだった。
 とにかく、東海切身は火の車だったから、金を回していかなければならなかった。
 いつでもス−パ−マ−ケットのバイヤ−の商品開発の話には二つ返事で乗った。
 商品開発用の原料は多めにドンと買い、いい部分を厳選して製品を作った…ス−パ−マ−ケットで売れ筋になれば、魚市場などにも通用するはずだった…また、融資を受けている銀行や日商岩井に顔がたった。サカナのパックに貼る販売促進用の派手なラベルも、ス−パ−マ−ケットのバイヤ−がいい出す前に率先して作った。各ス−パ−マ−ケット・チェ−ンごとに、その平均的な店の大きさ・一日に売れる数量に差がある…商品の発注単位となる1ケ−ス当たりの入数が問題となるが、バイヤ−にいわれるがままに、違う入数のダンボ−ル箱を作ってサ−ビスに勉める…工場の生産性などは無視して、ス−パ−マ−ケットのバイヤ−がいう方向にやみくもに突き進んだ。
 とにかく売ることが優先だった。だが、足場がしっかりとしていないので、混乱ばかりが深まり、開発商品はすべて尻すぼみ、後に残ったのは使い道のない販売促進用のラベル、ダンボ−ル、トレイパックなどの資材、売る当てのないサカナの山だったのだ。
 これらの問題を解決する唯一の切札と本田専務が主張したのは、工場の近代化・集約化であり、新工場の建設であった。

 本田専務は会社再建策をもって日商岩井と交渉した。
 新会社の立地場所として、当初、江東区辰巳の日新運輸倉庫という会社の所有する冷蔵倉庫の敷地が候補として挙がったが、これは立ち消えた。つぎに、千葉県船橋市のららぽ−と近くの、築地の荷受会社の第一水産所有の土地が挙げられ、有力候補地となった。
 当時、船橋港の周りの埋立地には築地関係の企業や個人の所有する土地が多かったのだ。一時期、そこには中央卸売市場を作る国の計画があった。土地の値上がりも見込んで、かなりの水産業者が買いに入ったのだった。その昔、相場の勘の鋭さから「カミソリ横井」と呼ばれた築地の仲卸し、佐一水産の横井社長は本来個人では買えぬその土地を、元運輸相で淀号事件などで有名な「男・山村新治郎」の口ききで買ったと僕に話してくれたことがあった。
 ところが、中央卸売市場の建設計画は船橋市の反対に会って中止となってしまった。土地の評価は途端に下がり、横井社長も買った土地を棚ざらしにするしかなくなったのである。だが、東海切身の新会社構想と時期をほぼ同じくしてそれも売れ、今は厚生冷蔵という冷蔵庫会社が建っている。
 本田専務は旧工場閉鎖のための下話、新会社への業務移転のための取引先への根回しなどを精力的にこなし、船橋の土地を念頭に、ほとんどひとりで新工場と新会社設立の構想を練り上げたのだ。
 新会社の名前は日商岩井シ−フ−ヅ(株)と決まり、構想は日商岩井水産部主導の一大プロジェクトとして承認されることとなった。
[Back]