二十九
日商岩井シ−フ−ヅ

 一九八六年四月、日商岩井シ−フ−ヅは会社として登記され、僕は営業課長となった。僕はもう神がかり的なメッセージをきくことはなくなっていたが、それでも何か目にみえない力が後押ししているように感じ、しゃにむに働いた。
 まだ事務所は巣鴨にあったが、新会社の社名入りの営業車が与えられ、名刺が支給され、しだいに「日商岩井シーフーヅ」は形となって現実化し始めていた。

 同年九月になると、船橋港の2000坪の敷地に建設中だった日商岩井シ−フ−ヅの新工場が完成し、そこに営業事務所が置かれた。
 当時、僕は妻と新宿区信濃町の賃貸マンションに住んでいたので、総武線で通うようになった。
 総武線から西船橋で武蔵野線に乗り換え、南船橋で下りる。
 南船橋の駅前からは会社の送迎バス以外交通手段がなく、それに乗り遅れると、15分くらいの距離を歩かなければならなかった。送迎バスの本数は少なく、途中の埋め立て地を歩いてみても面白くもなく、僕は自転車を買った。
 日商岩井の本社から新会社の社長、専務、部長、課長などの主要ポストに向けて、人が送り込まれてきた。そのなかには水産部以外からきた人間が多かった。東海切身からは営業部長と課長が入り、本田専務は日商岩井シ−フ−ヅに籍は置かず、東海切身の社長として生産部門を統括することとなった。工場長には本田専務がよその会社から引き抜いた者がなり、工員には、旧東海切身で働いていた多数の男子・女子の工員が、そっくり移行してきた。
 東海切身から日商岩井シ−フ−ヅへの業務移転は取引活動を一切中断せずに行なったものだから、スンナリとはいかなかった。基本的な部分の在庫も明確な数字がつかめなかったのだ。業務内容に不慣れな日商岩井からの人間も加わり、毎日深夜まで働く日々がつづいた。生産年月日ごとに分かれた何100tもの原料在庫、少量多品目の300種類近い製品在庫のチェックは困難を極めた。時には現物が実際にあるのかどうか、マイナス20度の冷蔵庫のなかまで入って調べなければならなかった。そして実態の把握がままならぬまま、すぐにつぎの月次報告・月末棚卸しになってしまうのだった。このくり返しで、結局、半年間くらいは、仕事をやってもやっても整理のつかない状態がつづいたのだ。
送迎バスもなくなった夜遅く、僕は会社の営業車で、経営陣や従業員を西船橋の駅まで送り、そのまま東京に帰ることが多くなった。
 月次報告や月末棚卸しの、正確な数字が出ないので、日商岩井の本社は出向させた社員たちの尻を叩いた。尻を叩かれた方も社内に号令をかけるが、笛吹けど踊らずと、なかなか結果が出なかった。それだけならまだよかったが、おぼろげな計算上、毎月かなり赤字が出ているようだった。
 僕や、東海切身からきた社員たちにはやがてその理由が分かってきた…口にこそ出さなかったが、本田専務の新会社の構想はその商品構成や現場の効率・スペースを無視した机上の空論だったのである…理論上可能だが、現実には不可能だったのだ…収益を上げることも水産市場全体の状況が許さなかった。
 冷蔵庫に少量多品目の商品が数を当たりやすいように、木製のパレットに一品目ずつ乗せられ、何段も重ねて天井高くまで積み上げられていた。スペースが狭過ぎるのだ。不安定で山崩れを起こしそうなパレットもある。おまけに室内は零下20度で、いたるところに霜が固まり、氷になっていた。在庫調べの頻繁な入口の開閉で、絶えず外気が侵入するからだった。荷物が密集して、フォ−クリフトが使えない。仕方なく手作業となるが、品物がなかなかみつからず、作業員の身体は冷え切って、非効率この上ない。パレットが落ちてきたり、床の氷で足を滑らす労働災害の危険もあった。時間になると待ったなしで、工場で生産した品物が入庫されてくる。これをまた、規格ごとにパレットに仕分けして積まなければならないのだ。すぐに出荷時間がやってきて、先入れ・先出しの原則を守り、荷物を揃えなければならない。ス−パ−の発注に欠品は許されないので、見込みで、品物は常に多めに用意されていた。先入れすべき商品は大抵下積みになっていて、山を崩してとり出さなければならなかった。時間もスペースも足りない。作業員によって、先入れ・先出しの原則をきちんと守らない者が出てきて も、それを完全にチェックする方法もなかった。下積みのサカナはやがて冷蔵庫のゴミとなってしまうのだった。
 冷蔵庫に入るパ−トは時給に関係なく、仕事が体力的に過酷だったし、輸入水産物の表示を読みとる語学力も必要で、返品やサンプルをどう処理するかといった気もきかなければならず、他人のミスにも寛容でなければならないので大変だったのである。
 限られた時間とスペースで与えられた仕事量をこなすにはもっと単純明快なシステムが必要だったのだ。つまり、ノルウェ−ニシンの章で話したような市場を利用した生産品売り切りの態勢である。だが、市場と取り引きすることは設立構想に逆行していた。新会社のあらが露呈して、プロジェクトの構造的な非採算性が徐々に姿を現わし始めていた。

 築地の中央卸売市場を「築地村」と人々が呼ぶ時、それは語感に仲間意識を含んだ、築地の水産業界全体(青果もあるが)を意味している。築地村の住人には、競り人、仲卸人、売買参加者、軽子、小揚げ、労務員、東京都の職員、運送会社、場内の富士銀行、マグロ漁船向けの雑貨商、発砲スチロ−ル容器処理業者、包装資材屋、冷蔵庫、製氷会社、ガソリンスタンド、食堂、場外水産問屋、厨房設備業者、作業服屋、包丁屋、お茶屋、立ち食いラ−メン屋、喫茶店、水産会社、水産ブロ−カ−、商社の水産子会社と、実際、名前をあげていけば切りがないのである。
 これらの大勢の人々が築地村で生計を立てている。彼らは築地市場全体の動きに少なからぬ影響を受ける。
 それに似て、日商岩井シ−フ−ヅもまた周辺に多数の関連業者を持ち、彼らに生計の糧を与えていたのだ。その大部分は東海切身の時代からの継承だったが、日商岩井の系列もとり入れられた。
ダンボ−ル、ラベル、トレ−パック、ラップ、食材など資材関係は早急な注文が多く、業者には細かく、小回りのきくことが要求された。日商岩井の本社が紹介してくる系列の業者はどうしても本社の威光を笠に着ている感じがして、僕は敬遠し勝ちだった。
 物流はス−パ−マ−ケットと商売を行なう上で大きな要素だったが、これは東海運輸という会社がとり仕切って日商岩井側につけ込むすきを与えなかった。東海切身の時代、東海運輸は大沢運送といった。大沢は社長の名前だったのだ。
 大沢社長は目の下にまつ毛のある大男で、いつも冗談ばかりいっていた。
 新会社設立の際に東海切身との緊密な関係を印象づける目的で、社名を急遽「東海運輸」にした。 忙しい時や、緊急時に大沢社長もトラックの運転をした。大沢社長の弟の専務も運転手だった…大沢専務は人当たりのいい好漢なので、癖のある人間の多い、魚市場関係専門のル−トを走った…東北出身の平田氏は歌手の鳥羽一郎に似ていて、インコと一緒に住んでいた…郵便局の職員を辞めて運転手になった今田氏は若くて体格がいいが、日商岩井シ−フ−ヅの営業開始とともに配車係となり、会社内に住み込むようになったのだった。
 船橋の工場地帯にそろそろ暴走族が出没し始める頃、東海切身の社名とシシャモの絵が描かれた8tトラックに乗って、平田氏が日商岩井シ−フ−ヅの敷地に入ってくるのだね。すると、工場の正面に並んだ4つのシャッタ−のひとつがゆっくりと開き、仮眠をとっていた今田氏が出てくる。平田氏はトラックをバックでそこに着けて、室温管理された荷捌きスペ−スの搬出口で、今田氏とともに送り状の明細をみながら積み込みを始める。
 普通、1時間程で積み込みが終わり、出発する…平田氏はまず埼玉県白岡町のマルエツの白岡配送センタ−にいく…そこで、シシャモ中心の最初の荷物を下ろす…国道16号線に乗って、つぎは所沢の都民生協にゆき、サバやメカジキの切身パックを下ろす…また16号線に乗り、福生市を抜けて武蔵村山市のいなげやの生鮮センタ−に寄る…搬入時間が深夜の12時から午前4時までと指定されているので、それに合わせて到着し、赤魚の粕漬け中心に下ろす…それが終わると、今度は南下して神奈川県川崎市扇島の東急ストア−のセンタ−である…そこでシシャモや赤魚粕漬けを下ろし終わると、首都高に乗って、江戸川区北葛西の伊豆初という会社の工場までいってシシャモを下ろす…伊豆初はセブン・イレブンに品物を納めている会社だ。
 もうその頃は夜が明けかけている…平田氏は後、家に帰って寝る。
 大沢専務がいく市場関係は…築地市場、千住市場、横浜市場は直送するが、宇都宮、大宮、浦和、川崎、高崎、茨城などの市場は築地から転送した…物流に築地を利用するス−パ−マ−ケットにも納品した…ライフストアは築地市場の隣の、ニチレイの冷蔵庫まで持っていった…群馬県中心のス−パ−マ−ケットのとりせんは市場内で待機しているトラックに積み込む…京王ストアは「潮待ち茶屋」と呼ばれる市場特有の荷扱い所に渡した。
 深夜に出かける別の便は忠実屋の約70店舗分の伝票と荷物を積んで、築地、横浜、川崎の3つの市場に向かった…そこで、忠実屋の各店配送のトラックに荷物を中継するのだね…深夜、縦横に走るどのトラックも無線を積んでいて、何かあれば事務所に詰めている今田氏に連絡する。
 イト−ヨ−カ堂にいく便は埼玉県与野と神奈川県厚木の2つのセンタ−に下ろす荷物を積んで、午前10時頃出発するのだ。
 客先への配達の他、東海運輸は深夜や日中に、冷蔵庫からのサカナの原料の引きとりや製品入庫の手配を行ない、送迎バスの運行もしていた。また、千葉県九十九里と茨城県那珂湊の外注工場に対する原料出荷と製品引きとりのために毎日便を出していた。新会社設立に伴い、全面的に関係を断つはずの外注工場だったが、実際に営業を開始してみると、客先の注文を間に合わせるためには、切るに切れなかったのだ。
 物流費は月2000万円かかった。日商岩井シ−フ−ヅの売り上げは月1億5000万円から始まり、2億円前後で長く推移した。実に、物流費が、売り上げの約10%を占めていたのである。
 一般に、本業の商売がもうからないと、経費の節減などでカバ−しようとする動きが強くなるものだ。東海運輸に対してたびたび運賃の値下げの要求がなされたが、いつも大沢社長はそれをのらりくらりとかわしたのだった。日商岩井の本社には運送会社を食べさせているようなものだと悪口をいう者もいたが、かといって代替の業者が簡単にみつかるわけでもなかった。

日商岩井シ−フ−ヅの構造的な非採算性は水産業界全体の姿とも似ていたのだ。日商岩井シ−フ−ヅという一企業が抱える問題点はそっくりそのまま、水産不況の原因として通用した。
目にみえない原因不明のロスが増えると、帳簿上の商品が銀ダラの手品のようにパッと消えるようになった。そうなると、商品の横流しなどという不穏当な考えにも気が及んだ。
 日商岩井からの出向の社員は本社に追求され、疑心暗鬼は社内的な亀裂を生んだ…会社の実態の説明は怠惰といい訳にきこえた…何人もの出向者が本社に戻る道を閉ざされ、退職していった…しばらくすると、日商岩井シ−フ−ヅは日商岩井本社の窓際族追い出しの装置と化したようだったね。
 一九八八年にはまだ、会社の存続問題を口にする者はいなかったが、いくら努力しても赤字の改善しない、非採算企業の沈滞した雰囲気はすでに定着していた。
 ところが一九八九年になると、社会全体の景気回復の話がきかれ始め、土地・株式の高騰による、いわゆる「バブル」の好況が訪れたのだ。
 日商岩井シ−フ−ヅの船橋の土地も一挙に高騰して10倍の価格となり、大幅な資産の増大をみた。 しかし、バブルはやはりバブルでしかなく、そのことはかえって本業に注ぐ熱意や創意工夫の芽をそいだ。
日商岩井シ−フ−ヅがマグロ事業に進出して設備投資をしたことはビジネスというゲームの定石だったのだろうが、水産という分野では枝葉で非力な対策に過ぎなかったのである。水産流通の状況はもはや常識をくつがえすことでしか活路はみい出せなかったのだった。
だが日商岩井にそういう方針はなかった。

 一九九0年、設立より4年で日商岩井シ−フ−ヅは整理解散になる…累積の損が約10億円だった…当初、建設費が土地代込みで約40億円だった…合計すると50億円…一九九一年に関西の食品会社に土地を売った価格も50億円だったという。
「バブル」のおかげで結局、日商岩井は無傷で舞台から去った…僕の画期的な会社の改善策を一蹴し、無策に毎月2000万円の赤字を計上しながらも、である。
[Back]