ShakeHands
三十
依願退職

 日商岩井シ−フ−ヅの2代目の社長となったのは日商岩井水産部から出向した佐田という部長だった。彼は何十人ものパ−トや社員を依願退職させることとなった。人を辞めさせる辛さは想像以上のものらしいね。
 僕自身も、一九九0年の七月に佐田社長より退職を勧告されたのだ。
 依願退職の理由は余剰人員の整理ということだった。会社は業績不振で、「会社を救うために一つ頼む」と、佐田社長に頭を下げられた。そういう風にいわれて、僕は「分かりました」以外、何もいえなかったね。退職勧告を拒否する手段があったなら、知りたかったのだが……。
 退職の際の新しい職場を紹介された。同じ船橋にある、冷蔵倉庫会社だったのだ。
 サカナは扱うものの、今までのいわゆるサカナ屋の商売とは違っていたね。
 だが、何事も経験だと思い、僕は3か月間そこにいたのだ。仕事の内容は冷蔵庫の入出庫業務に関する伝票整理やコンピュ−タ−操作だった。
 僕がそこを辞めたのは、空しかったからだった。日商岩井シ−フ−ヅでやろうと思っていたことをやり切れなかったという欲求不満が残っていたし、大げさにいえば、まだ水産界や社会のために、何か自分にしか出来ないことがあると思っていたのだね。
 日商岩井シ−フ−ヅの解散の時は何もいわなかった妻も、僕が冷蔵庫会社を自分の方から辞めると、パニック状態になった。生活が心配だといって、彼女は辞めていた造園設計の仕事をまた始めた。 つぎの就職先の当てはなかったが、何とかなる自信はあった。僕は求人雑誌や新聞で求職活動を始めた。まだバブル経済の崩壊前で、結構、仕事はあったのだ。
 ス−パ−マ−ケットと取り引きし、大手百貨店に多数テナントを出している築地の場外問屋が人を募集しているのを新聞でみて応募した。これは見事に落ちた。落ちるとは夢にも思っていなかったので、朝の出勤時間のことで注文をつけたのがいけなかったのかと、少し後悔した。
 だが、一週間程すると、また新聞にト−メン水産(株)という、商社系の水産会社の募集をみつけ、応募した。
 意外な程アッサリ、僕はここに合格したのだった。
 一九九0年十一月になっていた。東西ドイツの間の壁が壊され、ドイツが再び統一された頃だった。
[Back]