Mackeral.jpg
三十一
ト−メン水産


 ト−メン水産はいわゆる「横売り」の、ブロ−カ−業務中心の会社だった。会社は銀座の歌舞伎座から築地方面へ歩いていく途中のビルの五階にあった。自社ブランドの製品としてはアラスカの冷凍ガニが業界に有名で、その他、江東区立花に工場を持ち、給食や弁当関係の切身を生産していたが、その規模は大きくはなかった。日商岩井シ−フ−ヅを解雇された女工さんを僕は一人その工場に紹介した。
 ト−メン水産は商社系の水産会社としては昭和二十七年設立と、一番古い方であり、老舗としての名が通り、堅実な商売をするとの評判だった。日商岩井シ−フ−ヅとはまったく逆に、ス−パ−マ−ケット相手の商売をほとんど皆無といってよい程していなかった。大きな物流は持たず、設備投資もせず、リスクを少なくし、堅実に売買差の利ざやを稼いで、損をしない商売をする。それが一番、不景気な水産業界の状況にあったやり方だった。だが反面、売上げ高の確保が困難で、経験を積んだ優秀な営業マンの存在が不可欠だった。ちょうどそういう優秀な社員が、僕が入る前に大量に辞めた後だったのである。
 僕にその穴を埋められたかというと、否、だった…築地市場近辺に張りめぐらされたブロ−カ−間のサカナの商売は人と人との関係で固まっていて、ス−パ−マ−ケットとの市場外流通の商売を長い間してきた部外者にとっては、閉ざされた世界だったのだ…また、築地市場内の状況も昔とは違っていた…混雑が違っていた…昔、数の子の箱を肩にかついで立ち往生したのが嘘のようにスカスカで、人にぶつかることを気にせず歩ける…それだけ市場は衰退していた。
 そして、市場内だけに通用する相場が増えていた…市場外流通が市場に背を向けたように、市場も自分だけの囲みを作り、仲間内の相場を崩さぬように売っていた…昔はこういうことはなかった…築地は常にオ−プンで、市場外だろうが市場内だろうが、相場は一つだという気概があった。
 とにかく、ト−メン水産の社員にはなったものの、商売にはほとんどならなかったのである。
 商売出来たのは、日商岩井シ−フ−ヅ時代の取引先のス−パ−マ−ケットに、宮城県の加工業者の赤魚粕漬けを少量売るようになったことぐらいだった。それも大変な苦労の末にである。
 原料としての多様性に富んだ赤魚は業界でも扱いの難しいサカナとして通っている。 僕が商売した赤魚の原料は太平洋物だったのだ。
 一九八0年初め頃まで、赤魚粕漬けの原料はほとんど北転船と呼ばれる中型底曳網漁船で漁獲されたものがほとんどだったのだ。その後、大西洋産の輸入物が搬入されるようになり、ス−パ−マ−ケットの赤魚粕漬け用の原料はすべて、それに切り換わった。太平洋物は乱獲による魚体の小型化が進み、肌目に混じる、黒い点や模様が嫌われ始めたからだった。
 大西洋赤魚には黒みがない。漁獲にはソ連などの共産圏の国々の船を始め、たくさんの国が参加する。ざっと列挙するだけでも、ソ連、東ドイツ、西ドイツ、ポ−ランド、スペイン、ポルトガル、カナダ、韓国、ノルウェ−、アイスランドなどがあった。これらの国の船が、ノルウェ−沖から、アイスランド周辺、グリ−ンランド南部、カナダ・ニュ−ファウンドランド沖などの、大西洋をとり囲む形の漁場で操業した。
 一口に大西洋赤魚といっても、実体はこれらの漁場で獲れたメヌケ・メバル類の底棲魚で、サバ、マグロなどの回遊魚と違い、その行動範囲は狭い地域に限定されており、漁場によって顔つき、魚体、色、模様など、細かく分かれていたのだ。これら各種の赤魚は「大西洋赤魚」あるいは「輸入赤魚」の名前で総称された。
 一九八二年時点で、輸入赤魚はまだまだ豊富な資源量があることが分かっており、国内物の赤魚に多くが望めぬ状況から、魅力ある商材だったのだ。「スタ−は作られる」という言葉を僕は思い出す。スポ−ツや芸能の世界でスタ−と呼ばれる人々は企業・後援者・業界全体などによる盛り上げがあって作られている。大西洋赤魚もそれに似ていた。
 皆で大西洋赤魚を誉めこそすれ、けなすことは禁物という空気のなかで、輸入量は一九八七年、一九八八年になると飛躍的に伸びた。だが、この好ましい雰囲気にもかかわらず、皆がもうかったかというと、けっしてそうではなかった。
 ス−パ−マ−ケットと取り引きのある業者にとって一番恐いのは、相場の高騰や不漁によって原料がなくなり、ス−パ−マ−ケットとの取り引きを他社に切り換えられてしまうことだった。そのため、赤魚の場合なら業者は競合他社に負けないように、色のよいものを確保する必要がある。ス−パマ−ケットとの契約価格と数量を守り、欠品しないためには6か月〜1年間分くらいの原料を在庫しなければならない。
 だが、赤魚には「色飛び」という大きな問題がある。冷凍冷蔵庫に保管していても、徐々に色が薄くなっていく。これは在庫の価値が日一日と減じていくことを意味する。
 赤魚の大量・長期在庫は色目・鮮度・処理方法によるバラツキと相まって、業者の販売戦略上、極度に不利な条件となったのだ。
 大西洋赤魚の輸入はその景気のよいかけ声の割にはいい商売とはいえず、色の悪い在庫が増えたからか、一九九0年頃になると、それまで大西洋物一色だったス−パ−マ−ケット業界はまた太平洋物を受け入れ始めたのだった。だが昔と違い、その原料は米国の水産加工船に日本人技術者が乗船して指導の上、洋上買付したものだった。
 時代が変わったのである。
 本質は東海切身当時の日本のいわゆる「北転船」が獲ったのと同じ太平洋産のサカナとはいえ、それは米国からの輸入物に変わっていた。
 ト−メン水産に入って間もなくの、一九九一年の年明け早々、石巻の丹野水産という大手水産加工業者が、赤魚中心の北方凍魚の在庫を抱えたまま不渡りを出し、倒産した。
 丹野水産はその若い社長、丹野伊三郎氏の地域ボス的カリスマ性と、ス−パ−マ−ケットとの商売も積極的に行なう果敢な営業姿勢によって、石巻の冷凍水産加工業者の雄とされていたのだ。
 日商岩井の本社とも深い関係を持ち、過去、東海切身の赤魚の原料はほとんど丹野水産が供給したのだった。
 日本漁船がアメリカなどの領海からしめ出されて以来、輸入品扱いの北方凍魚(赤魚を含む)は石巻の港中心に、直接外国船から水揚げして入札が行なわれていた。丹野水産はその相場を高値で買い支えることにおいて印象づけられていた。前浜での入札価格が安いと、これら北方凍魚は塩釜・気仙沼あるいはどこか別の港町に逃げてしまう可能性があった。北方凍魚が水揚げされることによって地元全体に及ぼす経済波及効果は計り知れなかったのだ。丹野水産はその利益を代表していたともいえる。
 一九九0年暮れ、七十七銀行が融資を打ち切る形で丹野水産の命運は尽きた。
 水産業界では数の子倒産の北商事件以来の混乱が起きると誰もが予想した。特に、赤魚中心の北方凍魚が大量に出回り、相場が暴落することが心配だった。
 ところが、ものはまったく市場に顔をみせなかった。不良在庫の赤魚は丹野水産の債権者の元グル−プ内企業にその名義を移されただけだった。
 東海切身の場合にしても、新会社設立によって倒産の危機をまぬがれたが、大量に抱えていた赤魚の不良在庫は新会社設立とともに、日商岩井水産部の赤字として計上された。これが日本の商習慣上あまり不自然ではないのは、商社が一般に「商社金融」という形で、銀行などが融資しない高リスクの分野の、東海切身などの中小水産加工業者の在庫を預かるというやり方があるからである。これを毎月、加工に必要な分だけ、金利・保管料・商社口銭を上乗せして荷渡しするのである。金融的側面の他に、商社水産部の輸入したサカナの販売先として、加工業者をとり込むメリットもあるのだ。サカナが売れて荷動きのある内はよいが、赤魚などのように、一旦その動きが止まると、在庫は商社に預けっ放しということになる。商社はデッドストックを抱え、金の動きが止まる。こんな時、社内的に責任問題が持ち上がらないように、緊急非難的な転売が行なわれることもある。
 不毛の業界で転売をくり返されるサカナは永遠にさまよいつづける幽霊船のように思える。 たとえば、常に魚市場の持つ品質チェック機能が生かされていれば、サカナに問題があれば(大抵あるのだ)、事態が深刻になる前に、その原因を解明し、対処が出来るのである。
 それはさておき、僕がト−メン水産で商売した赤魚は原料を厳選して、よいものを出荷したのである。

 僕はト−メン水産で、メ−カ−からノルウェ−ニシンを買って市場出荷することにも挑戦したが、失敗した。情報の発達で水産業界もさらに狭くなっており、単価的に、中間口銭を乗せて売る余裕がなかった。
 ト−メン本社がノルウェ−などから輸入するサバの情報をメ−カ−に流し、サバを売り込む商売もやってみた。サバの一大加工基地である千葉県銚子のメ−カ−を何社も回ってみた。だが、やはり既存のル−トが出来上がっていてなかなか入り込めなかった。
 サバといえば「大衆魚」という言葉をすぐに連想する程、庶民の台所に身近なサカナだといえるだろう。それはサバ類(マサバ、ゴマサバ)が太平洋、日本海、東シナ海と、日本の北から南、どこでも漁獲される回遊魚であり、人々へのなじみが深いせいだろう。
 第二次世界大戦前、サバの年間漁獲量は3万〜10万tで推移していたが、戦後、その資源量は急速に増え、一九七八年には約150万tに達した。ちょうど、僕が東都水産に入社した年である。そのサバも一九七八年のピ−クを過ぎると、一転、減少傾向を示し、一九九0年頃には約25万t前後となった。
 サバの魚体の小型化はその急落の要因で、漁民の漁獲意欲をそぎ、加工用原料の500g、600g前後のサイズの払底とともに、ヨ−ロッパの大型サイズ(600g/up)のサバの輸入を促進する下地となった。
 サバの加工品とは何かというと、今、ス−パ−マ−ケットの塩干物の棚には、かならず塩サバのフィ−レが置いてあるが、これなどはほとんど100%輸入物の原料を使う比較的ニュ−フェイスの加工品である。
 伝統的な加工品はたとえば、八戸のシメサバ、銚子の塩サバと文化干し、という具合に産地名つきで想起さえる。シメサバはおなじみの甘酢漬け。塩サバは先程の塩サバフィ−レとは違い、大サバをサンマのヒラキのように頭つきで背開きして、塩を振った後、姿に戻して凍結したものである。これは関西、九州、山梨、など、サバを輪切りにして食べる地方で売れる。文化干しは頭つきの半身のフィ−レを干して、ゴマを振ったもの。これらのいずれもが、現在は輸入品を原料として併用する。だが、それは多少の抵抗感を伴ってである。シメサバや文化干しは特に輸入物を嫌う。両者の場合ともに、輸入物のサバの脂の強さが原因である。シメサバにした場合には「脂が当たる」といって、胃の弱い人は腹を痛くする。そのため、シメサバの原料としては、脂肪の乗りの少ない漁期のものを厳選するのだ。文化干しの場合には、脂肪分が高く、身が柔かいことが原因で身割れを起こす。ちなみに、業者で、文化干し専業という者はなく、塩サバフィ−レの加工のなかから、特に身割れの少ないものを選別して作っているケ−スが多い。
 しかし、それにしても、ヨ−ロッパのサバと太平洋のマサバは非常によく似ている。違いは細かく観察すると分かるが、顔つき、肌目、身色といったところか。
 顔つきはヨ−ロッパ系の方が鼻の先がやや尖っている。国内産の方は少し柔和な顔つきだ。肌目はヨ−ロッパが金属的な銀色、国内産がやや鈍い輝きを放つ。身色はヨ−ロッパが白っぽい。これは明らかに、身のなかに含む脂肪分の高さが一因である。その白さはシメサバにした場合には少し抵抗感がある。国内産のサバは血の色が強く、茶色がかっていて、どうしてもその方がシメサバに仕上げた場合に、おいしそうにみえるね。
 日本のサバが大衆的だったのと同様に、ヨ−ロッパのサバも民衆に親しまれ、広く食べられたサカナだった。特に、多獲性回遊魚で値段が安いため、エジプト、ナイジェリア、ヨルダンなどのアフリカや中近東、シンガポ−ル、タイなど東南アジアに輸出され、相当量消費されている。サバの缶詰は東南アジア諸国で、サケ缶、マグロ缶などより安価なため、国民の重要なタンパク源となっている。このように、昔からヨ−ロッパ系のサバは国際的に独自の流通経路を持っていたのだ。
 あらゆる場所で獲れるとはいえ、主要な漁場は大西洋の北海周辺で、日本向けに冷凍されるサバは100%近く、この漁場で獲れたものである。そのなかでも、北緯62度、東経4度付近のノルウェ−海域内で漁獲される、いわゆる「ノルウェ−物」のサバが業界のナンバ−ワン・ブランドである。
 これらの漁場の漁獲枠の設定はノルウェ−とEECの話し合いにより決められた。もち論、その話し合いの裏づけとなるのは、ノルウェ−やEEC諸国の資源調査だった。サバなどの回遊魚の特性には、「魚種交替」といわれるものがある。それは一種類の魚種が減ると、別の魚種が増えていくという、回遊魚に多くみられる生態系の勢力地図の塗り変わりである。ヨ−ロッパの漁業の資源管理は魚種交替によって増えたサカナを獲りながら、海のなかという、未知の部分の多い生態系のバランスを崩さぬように、ニシン、シシャモ、サバなどの解禁と禁漁を頻繁にくり返し、それが結果的に資源の再生産に役立っているようだ。その手際は反対に日本が、明治時代からのニシンの減少と枯渇、戦後のサバの意外な増大と減少など、資源管理の無策振りが目立つだけに見事であるといえる。欧米の水産研究者たちの調査内容はサカナの資源量の把握、回遊パタ−ンの調査などを行ない、それを政府に報告、政府は解禁や禁漁に関する一定の価値基準をもって対処していた。
 日本の水産業界はヨ−ロッパのこの禁漁と解禁の決定に意表をつかれるばかりだったのだ。
 サバの漁獲制限量はたとえば北海全体で55万t、その内、ノルウェ−の限定された海域のもの17万t、というようにシ−ズン前に決定された。
 この漁獲枠の内、ノルウェ−物は主に、中型のキンチャク網漁船によって漁獲され、ノルウェ−南部の浜に水揚げして入札される。入札後に、陸凍工場で丸のまま10s、20s、25sなどの冷凍サバ製品に凍結される。陸凍品の他に、ノルウェ−船の船凍品も多少ある。また、ノルウェ−海域に、イギリスやオランダなどの大型冷凍加工船が入り、漁獲する場合もあり、これらには個別の船ごとの漁獲枠が決められている。
 ノルウェ−以外の陸凍工場の製品にはデンマ−ク、スコットランド、アイルランド物などがあった。デンマ−ク物にはノルウェ−物に匹敵する評価を受けているものがある。スコットランド、アイルランド物は作りが雑で、評価も低かった。
 サバの漁期は海域によって異なるが、漁の解禁する七月と八月から始まり、漁獲枠を獲り尽くさぬ限り、十二月に終わる。日本の需要が非常に強い年度は翌年の一月、二月まで獲りつづける場合もある。だが、それは別の新しい漁業枠内での範囲となる。結果としてサバの漁期は七月から翌年二月までと広いが、漁が集中するのは九月から十一月頃までである。
 七月、まだ索餌回遊期にあるサバは食べたエサを栄養として体内に蓄え、非常に太っている。サカナの体形は紡錘形をなしている。八月、九月と進むに従って、産卵期に向かい、メスは腹のなかの卵巣が段々と大きくなっていく。脂肪含有量はしだいに減り始める。体型はややスマ−トになるが、まだ見事な紡錘形をなしている。これが十二月、翌年の一月、二月のサカナになると、体型はやせて、鉛筆型に近くなってくる。
 解禁になっても、船主たちは獲ったサバの売れる見込みが立たない内は船を出さない。日本市場の動きは大きな影響力を持つ。前述したように、日本市場では脂質の高過ぎるサバは身が柔かく、身崩れ、身割れなどの原因となるので、七月、八月などの早い時期のものは敬遠される。一般的に、一番ノルウェ−のサバのよい時期とされるのは、十月、十一月物だが、それは年度によって違う。そのため、サバの脂質含有量、卵率、エサ食いなどの検品が常に行なわれている。
 国内サバが大量に漁獲された一九七八年頃に、大衆魚のサバを地球の裏側から輸入する時代がくるなどと予想した者はいなかっただろう。今日、国内の鮮魚の大型サバはその資源の枯渇とともに市場で`700円〜1000円くらいの高値で取り引きされるようになった。ノルウェ−などの輸入サバが`200円から高くてもせいぜい`350円止まりだということを考えると、その商品の流れも自然なものとして理解されるだろう。
 そのノルウェ−サバの`200円〜350円という原価計算を分析してみよう。
 まず、ノルウェ−の冷凍加工業者の売り値が`8クロ−ネ。円の対クロ−ネの為替レ−トを20円とすると、8クロ−ネ×20円=160円。ノルウェ−で`160円のサバが、日本に輸入すると、海上運賃50円−−海上保険料2円−−輸入関税(サバの場合10%)21円−−現地商社口銭及びLCアメンド3円−−ユ−ザンス金利6円−−諸掛かり18円−−が加算され、しめて`260円となる。ちょうど、ノルウェ−から日本に持ってきて、その経費が`100円かかったことになる。
 ところで、ノルウェ−で`8クロ−ネのサバが、日本の冷蔵庫蔵前渡しで`260円という計算には輸入業者の利益と「輸入枠代」が入っていない。
 利益についてはここでは特に説明しない。「輸入枠代」というのは、IQ品目であるサバの輸入枠を他社から借りた場合に必要となる口銭のことである。
 当該輸入業者が輸入割当を受けた業者で、かつ、まだその割当が残っている場合は問題ないが、輸入割当を受けていなかったり、全部使い切っている場合には、他の、輸入割当を持つ業者から輸入枠を借りることとなる。
 これが業界でいうところの「枠貸し」という行為である。輸入枠がない限りは、保税倉庫にノルウェ−から到着したサバが入庫されていても、通関が切れずに、引きとれない状態となる。
 輸入枠を借りる行為は借りる相手方の業者に形式的にサカナを売り、また買い戻すことによって成立する。相手方の会社では事務上、通常の売買活動として処理し、売買差の利益分が輸入枠貸し代として計上される。
 サバの輸入制限は水産物のなかの魚介類という、イワシ・アジ・サンマ・その他の雑魚関係を包括するIQ品目に含まれる。この輸入制限枠は大衆魚の大量輸入時代を想定していなかったので、最近は需要が逼迫して、搬入量が増えてくると、すぐに足りなくなる。また、たとえばアジの国内市況がよくて、大量の輸入があった場合、その分、サバの輸入枠が減ることになる。輸入枠がなくなってくると、水産業界あげて、どこかの業者に余っているものがないか探し始めることとなる。
 輸入枠がなくて苦労する場面は水産業界では結構多く、皆、それなりに色々工夫をしたものだ。 ニシンにはニシン専用の輸入枠がある。今はその輸入制限枠の数量が多く、ニシンというサカナの不人気(小骨が多く、食べにくいことが原因)とも重なり、現実には自由化に等しい状態だ。そのニシンの輸入制限が今より厳しかった頃、冷凍ニシンの輸入枠がなくなると、「加工品」という輸入枠で、代替して輸入しようとする業者もいた。課税率も違うので有利だった。
 手口はこうである。
 ニシンには三五八漬けという加工品がある。ニシンを塩・こうじ・米が三・五・八の割合になった漬け込み床に漬けるのだ。アラスカやカナダなどのニシン輸出国に、この、塩・こうじ・米を三・五・八に調合したものを大量に持ち込む。それを冷凍ニシンの製品の上にパラパラとふりかけ、日本に輸入して、税関で、
 「ニシンの三五八漬けです」
と、申告する。
 厳密にいえば、これは本来のニシンの三五八漬けとは違って、いわば「インスタント三五八ふりかけ」である。だが、それは見解の相違であり、税関吏もサカナのプロではないから、申告通りに通関することになる。輸入したニシンは三五八漬けではなく、冷凍ニシンとして通用する。
 サカナの相場のよい時、輸入割当を持たない中小の水産加工業者などが、商割を持っている商社に買い付けを依頼してくる。この場合、商社は輸入枠代を請求しない。いや、正確にいうと、出来ない。輸入枠代などという経費は実際にはないからである。だが、枠が逼迫してくると、自分の商売に枠を使うよりも、他の業者に売って(原価ゼロのものを売ってしまう)通し口銭の不労所得を得た方が得だという場面が出てくる。自然、経済原則に基づき、輸入枠は価値を持ち、輸入枠代としてサカナの単価に上乗せされ、魚価を押し上げることとなる。
 商社が輸入枠代で得た不労所得によってサカナが高くなるにせよ、国内業者が輸入魚の価格の高騰によって売れずにいた在庫が捌けたにせよ、「高いサカナ」によって一時的にうるおう業者は多いのだ。
 サカナが安いということがけっしていいことではないのが、今日の水産業界の体質なのである。すべての高値はある程度業界全体の演出であり、そこには資本主義という制度自体の持つ弊害がみえ隠れしている。
 相場が徐々に高くなっていくサカナはもうかる。
 また、高い魚種程、業者にとって扱い易い。今日の物価高の世の中にあって、サカナの単価が高い程、経費の吸収力がある。
 たとえば、冷蔵庫の保管料をとってみても、1万円のサカナを1か月預けて300円と、2000円のサカナを同じ1か月預けて、やはり300円なのでは、商売の計算にかなりの違いが出るのは当然だ。前者は保管料がサカナの単価の3%なのに対して、後者は15%である。
 運賃なども同じように考えられる。

 僕は結局、ト−メン水産で銚子の水産加工業者2社からサバの注文をとることに成功し、ノルウェ−現地でト−メン本社の駐在員に検品させ、検品デ−タを送らせ、契約成立の2ヵ月後にコンテナ−で引き渡す商売を行なった。これはリスクが大きくて、あまりよい商売とはいえなかったね。
 ト−メン水産で利益の出ているのはエビとカニだけだった。
 この2つで、全売上の6〜7割を占めていた。両方とも高額商品であり、優秀な担当者の存在があった。エビはレストランや食堂などに小口配送する海老喜、海老正、大栄太源とかいった名前の、いわゆる「納め屋」や生協などの手堅い販路を確保していた。カニは輸入原料をリパック用として加工業者に売ることが主体で、担当者はカニに対する博識を売り物に信用を得ていた。
 この他に営業の柱を作ろうと、ト−メン水産は僕に担当させたサバの他、色々の方面に手を出した。 チュニジアからの空輸マグロに挑戦したが、軌道に乗らなかった。
 チリやオ−ストラリアからの輸入アワビは売り上げが伸びなかった。
 かつてエビ・カニと並んでト−メン水産を支えた屋台骨の輸入物のサケや筋子は数年前に大損して落ち込んでいた。相場の高くなるサカナだけがもうかるという公式からいえば、サケは円高により高額商品でなくなり、過当競争により利潤のパイが失われていた。
 エビ・カニは円高によってようやく大量搬入が始まり、サケに比較しても、まだ業者の数が少ないという点で恵まれていた。だが結局、水産市場の矛盾と過当競争により、サケと同じ道を進んでいることはまちがいなかった。
 ホタテガイにも力を入れていた。
 ホタテガイは北海道や青森で稚貝を海に撒いて養殖などしていて、「玉冷(たまれい)」と呼ばれる、貝柱の冷凍品中心に流通している。これらは比較的品質や規格のバラツキが少なく、電話一本で商売出来る、ト−メン水産のようなブロ−カ−向きの商品だった。しかし、しょせん相場の読みなどの情報以外に付加価値づけのない商売であり、それが育つかどうかは疑問だった。
[Back]