FactoryShip
三十二
ロシア水産加工船

 僕たちすべてはバブル経済の崩壊を傍観し、僕の営業成績は相変わらずパッとしなかった。
 ト−メン水産に入社後1年経過して、僕はロシア出張を命じられた。直前にいわれたので、夏休みの計画がつぶれた。
 僕と同じ課の僕より若い社員が最初、出張を命じられたが、ことわったらしい。僕もことわろうと思ったが、中途入社の身としては難しかった。僕の営業成績は売り上げの数字が伸びてこないという点で確かにパッとしなかったのだが、出張直前に、リスクの少ないサバの先物契約を自分の昔のツテをたどって探した客先と成立させたし、もう一件、国内在庫のサバを三陸筋の加工業者に、相場の小さな上げを読んで、うまく転売することに成功した。僕は国内の販売の方に後髪を引かれていた。 だが、出張は決まったことで、もう取り消せないという。
 出張の目的は筋子の生産指導という現場の仕事なので、営業を希望する僕は面白くなかった。その上、その出張は別の課の応援の仕事だった。

 僕は新潟空港からハバロフスクへと飛び、そこからエアロフロ−トに乗り換えて、カムチャッカ半島の東側に位置するペトロパブロフスク・カムチャッツキ−に着いた。舌を噛みそうなこの名前は機内誌『ウイングス』の航空路線図にもちゃんと載っていた。そこはかつてソ連太平洋艦隊がアメリカと対峠した軍事拠点であり、水産加工船の基地でもあった。
 ペトロパブロフスク・カムチャッツキ−の大通りはけやき並木の黄色い落葉を一面に敷きつめ、冷たい風がその表層を撫でていた。この天然の良港を持つ街を少し南に下ると、海軍基地の手前にレ−ニン・コルホ−ズ(集団農場)の事務所があった。コルホ−ズの社長はキルキンといい、三階の執務室にいた。銀色の髪のキルキン氏は五十代半ばにしては若く見え、ノ−ネクタイに黒いジャケットを着て、皮張りの肘かけイスに一人で座っていた。
 僕はト−メン水産がコルホ−ズから買い付けるサケの筋子の生産指導の担当者だと通訳に紹介された…キルキン氏は立ち上がり、少し急がしそうな動作で僕と握手の後、窓から港と桟橋の風景に目をやった…3000tの水産物加工船、セログラスカ号が、赤錆びた船体をみせて停泊中だった…時々、熔接の火花が散るのがみえた。

 キルキン氏と別れ、通訳がとってくれたホテルに戻ったが、シャワ−の湯が出なかった…つぎの日、昼過ぎにようやく陽が差し始めた。
 一人で僕は街に散歩に出た。街の様子は他の白人社会の街と同じようだった…だが、マクドナルドやビデオレンタルがなかった…オランダとの合弁企業のス−パ−マ−ケットの入口には長蛇の列が出来ていた…ゆるい坂道になった、真っすぐな通りを下りていった…眼前にレ−ニン像の建つ、大きな広場がみえ始め、その先はペトロパブロフスクの港が広がる…海岸には簡単な屋台の焼き肉屋があった…その他、本屋、酒屋、パン屋などの屋台が並んでいる…港には原子力潜水艦が浮かんでいた。
 爆音を立てて、ヘリコプタ−が頭上を飛び交う…子供たちが、展示された装甲車に群らがっている…海軍記念日だった。
 やがて、パレ−ドが始まった…色々の部隊が、それぞれ違う軍服を着て、旗を持つ兵隊を先頭に編隊を組んでやってくる…僕は群衆に混じって、木造の立ち見台で見物した…ロシアの婦人が一人泣いていて、何か情緒的な国民性を僕は感じた。
 実は、ピヨトル・イリチョフという別の水産加工船に日本人が3人、1か月程先行して乗船していた…彼らはマスの漁獲のためにずっと船に缶詰状態で、1か月の間、連絡らしい連絡もなかった…もっと正確にいうと、ロシアからファックスが日本に入ることは入るのだが、それは日本人たちがピヨトル・イリチョフ号で、英文とロ−マ字混じりのテレックス文体を作り、船上のロシア人無線技師がそれを英語の文字をひっくり返ったような例のロシア語のアルファベットに翻訳して、モ−ルス信号で打つ…それを受けとったレ−ニン・コルホ−ズがまた英語に翻訳し直して日本にファックスするという、二度手間、三度手間の煩雑な処理で、結果的に日本に届く文章はまったく連絡の用をなさないものだった。
 船上で加工しているはずのマスの筋子の出来高も分からず、漁獲状況も分からない…ト−メン水産の児島という若手社員、米本と長谷川という北海道の筋子技術者の3名からなるその日本人たちが、生きているのか、死んでいるのかさえ分からなかった。
 「まったく困ったもんだな、ロシアは」
と、ト−メン水産のトップは呆れ顔でいったものだ…日本からロシアに3人に対する指令を出しても、リアクションが返ってこない…レ−ニン・コルホ−ズに確認をとっても、面倒臭いのか、船との連絡が困難なことを理由に、とり合ってもらえない…僕の受けていた指示はセログラスカ号に乗ってピヨトル・イリチョフと合流し、日本人3人のなかの一人をセログラスカに移して、各船2名2名の体勢で筋子を生産するように、ということだったのだ。
[Back]