Okhotsk3.jpg
三十三
オホ−ツク海へ

 セログラスカ号への加工機械の据えつけが終わらず、僕のホテル滞在は一週間程になったのだ。ようやく乗船しても、船は港につながれっ放しだった。どうも、燃料の重油がないらしいのだ。
 直径30p程の船窓から差し込む日差しはまぶしかった。船室は船首近くの四人用の部屋だった。空気が澄んでいるせいか、太陽光線は日本より強烈だった。やることがないので、ウォッカばかり飲んだ。
 ようやく3日すると、石油が到着し、出航した。
 カムチャッツカ半島の東の太平洋岸を真っすぐ南下し、先端のロパトカ岬まで達すると、今度は半島の西海岸に沿って、オホ−ツク海を北上した。
 カムチャツカ半島のオホ−ツク海側の沿岸には、かつて日魯、その他の日本の漁業会社のサケやカニの生産拠点が沢山あったのだ。現在もそれらの拠点でロシア人たちが漁獲を行ない、セログラスカやピヨトル・イリチョフ号のような水産加工船−−海に浮かぶ冷凍処理工場によって製品に仕上げている。
 雲が低くなり、気温が下がった。船を追ってくるカモメは冷たい風のなかで静止したように浮かんでいた。
 オホ−ツクは英語でいえばヴォランタリ−、つまり、「志願」という意味である。荒れるオホ−ツク海に乗り出すには、勇壮なコサック兵でさえ、志願を募らねばならなかったからだそうだ。船の床が鉄のためか、僕は下半身が冷え、慢性的な下痢になった。成人病の出始める年齢となって、ポックリと洋上死してしまうのではないか、などと思ってしまう。現実に、日本では最近洋上死というものが増えているそうだ。漁業に入ってくる若い人が減り、船員の高齢化が進んできたのが第一の原因だ。漁業に限らず、社会及び水産界全体が高齢化してきている。
 船が動いて、エンジンが回っている内はまだ多少ヒ−タ−が効くのでいい。だが停船してしまうと(そしてまた、よく停船するのである)、暖をとる手段は段ベッドの薄っぺらな毛布だけなので、自分で持ってきた防寒着及びホカロンなどが頼りだった。
 僕は士官用の食堂で食事をとった…ウエイトレスの指図する席につくと、テ−ブルにはビニ−ル製だが、テ−ブルクロスがきちんとかけられ、ナイフ、フォ−ク、スプ−ンが人数分セットされていた…テ−ブル上にはボルシチス−プの大きな鍋が置いてあり、各自は勝手にそれをとって飲む…船があまり揺れるので、ス−プ皿におおい被さるように食事する…そうしなければス−プが口に着く前に全部こぼれてしまうからである。
 オホ−ツク海は日本上空を過ぎた台風や低気圧の通り道としても知られる。僕がいた時期もやたらと台風が多かった。
 「パゴ−ダ」               
 ブリッヂにいる時、カピタン(船長)が悪天候を意味するロシア語を口にした。
 僕はカピタンに紅サケの漁獲予想をきいた。単価の安いマスではなく、やはり狙いはカムチャッカの紅サケなのだ。
 カピタンははっきりとした返事をしなかった。
 その晩、セログラスカ号はロパトカ岬からカムチャッカ半島を約500q北上した沖合でいかりを下ろしたのだ。台風の接近に伴い風雨が激しくなった。そこはマスの漁場だったが、この天候ではサカナの搬入は望むべくもなかった。
 船内のほとんどの者が寝静まった深夜の2時頃に今でも原因のよく分からないちょっとした事件が起きた。たまたま僕はその時、ベッドのなかで寝つけずにいた。
 船は相変わらず揺れていたし、風雨が叩きつけていた。廊下から、静かに話す女の声がきこえていた。その声をきいている内に、僕は奇妙な気分になった。廊下で話をするには時間が遅過ぎたし、その会話には相手がいないようだったからだった。
 すると、突如として女は絶叫を始めた。
 女の言葉の意味は分からないが、何かに対して激しく怒っていた。そうかと思えば、今度は急に悲しそうになり、しゃくり上げるように泣き出した。だが、すぐにまた激しく怒り出す。
 他の船室から人々が廊下に出て来る気配が伝わってきた。一言二言女に話しかける男の声がする。しかし、その声は悲しみと怒りの入り交じった女の叫び声にかき消された。 同じ男がさらに優しく穏やかに声をかけるが、これがかえって逆効果だったのか、女はますます金切り声を上げ始めた。これを機に、回りの他の者たちも口々に何か叫び始め、その様子はまるでがけっ淵に立った自殺志願者と、それを説得し、押し止どめようとする群衆のようだった。 
 ちょっとみてやろうと思い、僕はベッドを下りた。そっと船室のドアを開けた。
 ドアのすき間から顔を出して廊下をみると、女が1mくらいの間隔で他の10名くらいの者たちと対峠している。女は食堂のウエイトレスだった。ウエイトレスは突如振り返り、こちらに向かってすっと突進してきた。彼女は就寝用のガウンに身を包み、眼を赤く血走らせ、髪を逆立てていた。僕は血の気が引いて、慌ててドアを閉めた。ところが、ウエイトレスは何か大声で叫びながら、ドアに体当たりしてきたのだ。何が何だか分からず、必死にドアを押さえた。ウエイトレスはドアを激しく叩き、その度にドアがちょっとずつ開いた。そのため、ドアのかんぬきがかけられない。
 外ではドアを叩くウエイトレスの周りを人々がとり囲み、口々に何か叫び、ただならぬ雰囲気になってきた感じだった。
 〈いったい、どうなるのだろう〉〈何か、自分がいけないことをしたのだろうか〉などと考えていると、急に静かになった。
 僕はまだ動けずにいた。船酔いで気分が悪くなりかけていた。今までと打って変わって静かになった船内に、波の音以外には男の低い呟くような声だけがきこえた。
 その声はずいぶん長いこと話しつづけた。
 廊下に集まっていた人々が解散する気配が
した。
 恐る恐るドアを薄目に開けて廊下をみた。
 人々は皆、自分の船室に向かって戻っていき始めていた。ほとんど皆、パジャマ姿だった。
 ウエイトレスは自分の前方の虚空をみすえて通り過ぎて行った。
 どういうことだったのかは、誰にきいても笑って答えない。
 ドストエフスキ−の『カラマ−ゾフの兄弟』のなかに、苛酷な労働や重いお産に起因する、ロシアの婦人に特有の「病気」についての記述があるが、そのようなことが起きたのかも知れなかった。
[Back]