三十四
日・ロ合弁事業の実態

 一週間程すると、セログラスカはピヨトル・イリチョフ号と合流出来た。2〜3q程離れてその船体がみえた。僕は無線電話を使ってピヨトル・イリチョフに連絡した。
 電話に出た児島氏は驚いていた。僕がくることなどまったく知らなかったらしい。
 同じ日、ピヨトル・イリチョフ号の救助艇に乗って、児島氏と筋子の技術者の米本氏がセログラスカ号にやってきた。二人とも不精ヒゲが伸び、かなり疲れた様子だった。
 ロシア人たちから、救助艇は30分で帰るからと急かされながら、僕たちは船室で話をした。
 ピヨトル・イリチョフ号のマスは大漁で、つぎからつぎへとサカナが切れなかったそうである。通訳が途中で下船したこともあり、筋子生産ラインは順調に稼働しておらず、日本人3人ばかりが『蟹工船』の世界の、苛酷な労働を強いられていたらしいのだ。
 僕は日本からの指示を伝えた。
 きいていた二人がどう感じたのかは分からなかった。ただ彼らは話すべき言葉がみつからないようだった。僕自身、彼らのやつれた姿をみて、無理は出来ないな、と思った。 不満もあったのだろう。もともと、あまりに直前に決まった仕事なので、最低4人必要な技術者が2人しか集まらなかったのである。それでも、セログラスカとピヨトル・イリチョフの二船で筋子生産が出来る段取りを立てるように伝えて、僕はふたりを帰した。
 数日後の波の穏やかな日、セログラスカ号は船体をピヨトル・イリチョフ号に近づけ、横づけにした…僕は巨大なタイヤチュ−ブのような、緩衝用のゴムのかたまりを伝わって、ピヨトル・イリチョフ号に乗り移った…荒れた船内の筋子部屋と、日本人たちの船室をみた…船室内は長靴や洋服や食べかけの食べものの乗った食器、煙草の灰皿などでゴミ溜状態…サカナの搬入が少しでも切れると、今度はいつ眠れるか分からない不安から、児島氏も技術者も、食事もせずに寝てしまう…こちらはまだ元気なので、部屋の整理をした。
 僕は一旦、セログラスカ号に戻った…船を乗り移る時、ピヨトル・イリチョフの一等航海士以下、船員たちがたくさん出てきて、セログラスカに戻るな、こちらに残れ、と笑いながら引き止めた…そんなボロ船は駄目だと、露骨にセログラスカ号の悪口までいう…確かにセログラスカ号は古くて、翌年廃船の予定だった…元来、セログラスカとはカムチャッカにある小さな村の名前で、ほとんどその村のものが乗り組んでいたから、少し田舎臭くはあった…しかし、だからといって、馬鹿にされる筋合いもない…セログラスカ号で生産するサカナの親の方を検品しなければならなかった…こちらはト−メン本社が興味を持っていて、最低でも、出来上がりの品質チェックが必要だったのだ。
 それ以後も、ピヨトル・イリチョフはこれでもか、これでもかとマスを加工しつづけ(その年の春にアラスカまでいき、アメリカ製の最新式サカナ・カッティング・マシ−ンを据えつけ、それを使用していたので張り切っていたのだ)、日本の3人は相変わらず休むヒマがなかった。セログラスカもマスを加工したが、筋子は僕一人では生産出来ないので、ロシア式のイクラをロシア人たちに勝手に作らせた。その技術はたいしたもので、筋子など作らずに、それ専門でよいと思うのだが、やはり外貨が欲しいのだろう。

 外の情報からまったく遮断されて、ひたすら生産に専念することは辛く、段々不安になってくる。だが、情報なしでもまちがいないことはもうマスを作っても仕方がないということだった。マスの筋子の生産はつき合いで作っているようなもので、紅サケが獲れるというのでロシアまできていたのである。 船の生活で、一番の関心事は漁獲の予想だ。紅サケの行方を占い、後、どれだけ働けば良いのか、いつ、日本に帰れるのか知ることだった。だが、大抵それは船のなかでの一番の謎でもある。尋ねた人間によって諸説紛々、デマあり、噂あり、箝口令あり、知ったかぶりありだ。
 一番確実な情報を持つカピタンにまたそれを尋ねた。カピタンは僕に沿岸の網元のところに視察しにいくことを勧めた。
 僕は防寒防水の完全武装をしてセログラスカ号の甲板に立つことになったのだ。昼間なのに少し暗かった。救助艇がウィンチに吊るされて上から下りてくる。顔をまばらで大粒の雨が叩いた。午後になるに従い、海は荒れるのだ。 
 ウィンチが下限まで下りて停止すると、本船の船べりから突き出された形で、救助艇も止まった。空中に浮かんだようにみえる救助艇と本船の間に渡し板が渡された。最初に若い船員が2名救助艇に乗り移り、真んなか辺に備えられたエンジンのヒモを引いて始動させようとする。彼らに、何か甲板から注意が与えられた。なかなかかからなかったエンジンが音を立てて回り始めた。セログラスカ号の乗組員のほとんど全員が甲板に見学に出ていた。防寒服に身を固めた一等航海士が歩み出て、僕に救助艇への乗船を促した。一等航海士は僕が渡り終えると、もう2人の若い船員と一緒に乗り移った。ウィンチの縄がゆるみ、6人の乗組員を乗せた救助艇はみるみる下方の水しぶきの舞う海面へと下降していった。救助艇が海面に着水するのと同時に若い船員が船首と船尾のフックを外し、船をウィンチから解放した。大きなうねりを受けた救助艇はすぐに本船から4、5m離れてしまった。一等航海士は船尾に立って、舵をとり、はるか前方の長い海岸線に向けて船を走らせた。
 潮の流れに逆らわぬようにジグザグに20分くらい走ると、やがて定置網の白いブイが無数に浮かんでいるのがみえてきた。
 一等航海士が何か大声で指示すると、若い船員たちが片方の船べりに並び、海のなかから網を引き上げ始めたのだった。一等航海士も一緒になって手伝い、網の底がみえ始めるが、サカナはまったくいない。 エンジンをまた始動させて別の網をみにいく。だが、そこでも同じ状況だった。色の違うブイを指して、一等航海士はジェスチャ−で、それをみるように僕にいったのだ。網がブイの回りに絡みついて、一本の太いロ−プ状になっていた。台風のせいらしい。一等航海士はまた何か両手でジェスチャ−をした。たぶん、巻き上がってしまった網の下を紅サケの大群が通り過ぎていったことを示唆したのだろう。

 紅サケは結局、不漁だった。
 そのなかで、セログラスカ号に一回だけ、相当数量の紅サケの搬入があったのだ。網元と交渉して、特別に持ってきてもらったらしい。
 深夜十二時頃、船室で寝ていると、外が異様に騒々しくなった。僕は眠い目を擦りながら甲板に出た。荷揚げ作業の真っ最中だった。晧々と光るライトのなかで、すくい網が海水を大量にしたたらせながら、大型ウィンチで吊り上げられている。網の中身はよくみえない。横の木のボックスのなかから、ウィンチを遠隔操作している。平行移動で、網をサカナ溜りの上まで持ってくると、待機していた作業員がフック付きの長い棒で網の下部をつつき、サカナを一気に魚溜りのなかに流し込む。
 僕は鉄階段を下りて、作業現場に近づいた。
 長くたれ下がった空っぽの網は本船に横づけされたはしけのところまで移動した。僕は船べりから顔を出し、はるか下にあるはしけをみた。はしけは大きく揺れている。下がっていく網の先には、その端をつかもうと、2名の作業員が待っていた。赤い錆止めのペンキの色をした鉄製のはしけには、銀色に鈍く光る、紅サケが満載されていたのだ。

[Back]