三十六
解雇

 飛行機を待つ間に、タクシ−を拾い、空港からすぐ近くにある日本人墓地までいった。
 一敗戦国の兵士や民間人たちがそこに眠っている。誰が手向けたのか、墓地は色とりどりの花でいっぱいだった。
 僕は父のことを想い出した。
 父はやはり、シベリアに抑留された経験を持っていた。
 厳寒と飢えの生活のなかで、何度も帰国の噂が流れ、消えていく。そのなかで何人もの人々が故郷の土を踏むことなく死んでいったのだ。
 父はナホトカから帰国した。しかし、シベリアの各地を2年間に点々と移送される間、何度もハバロフスクに立ち寄っている。
 何か未知の力に導かれて、その地に立っている気がした…自分自身の死について考えた…人はいつまでも生きているわけではないと 思った。
 僕は空港に戻り、狭い待合室で空いている椅子をみつけ、そこを一晩の居場所として確保した。
 腕を組み目をつむるが、眠れない。荷物の盗難の心配はあまりなかった。だが、ロシアの硬貨をおみやげだといって売りつけようとする少年を何回か追い払わなければならなかった。僕は明け方前に少し寝た。
 翌日はまるで、『ハバロフスク空港の一日』という、架空のテレビ番組をみるように過ごした。
 午後になり、ようやく新潟行きの便に乗ることが出来た。
 新潟空港に着くと、まず自宅に電話を入れた。妻と話をすると、前の日に、同じ課の社員から電話があったという。
 「まだ帰っていらっしゃいませんか……?」
と、社員は妻にきいたらしい。
 その話をきくと、死のように冷たくて静かなセログラスカやピヨトル・イリチョフの船内の様子が脳裏に浮かんだ。もう2度とロシアの水産加工船になど乗りたくないと思う。だが、会社にいる限りは、いつまでもその可能性は消えなかっただろう。
 本当に自分のやりたいことをやるべき時になったのだ。
 同じ課の社員が電話をかけてきたのは、交代で夏休みをとる都合からだった。誰も他人の心配などしている余裕はないのである。皆、自分のことばかりだ。
 日本の水産業界において、僕はいつも地動説を唱えるコペルニクスだった。周りは全て、嘘と、嘘を嘘と認めない人々で充満していた。嘘の商売をしてもうけ、嘘も方便と、小さな嘘をついて会社をサボる。
 僕は妻との電話を切り、その後、会社が営業しているのにもかかわらず、会社に電話を入れなかったのだ。
 もし会社に知れたらどうするか考えた。なぜか、その時は相手に合わせて嘘をつけばよいと思った。 新幹線で家に帰り、妻と食事をした。翌日、会社から電話があったが、それをとった妻に、まだ僕が帰っていないと嘘をつかせた。嘘を許容する社会では、それでうまく生きていけるはずだった。
 だが意に反して、ト−メン水産はこの嘘に敏感に反応して、すぐにハバロフスク〜新潟便の乗員名簿を航空会社に調べさせたのである。
 当然、僕の名前は載っていて、僕の拙劣な嘘はバレたのだが、それでも僕は当日の3日後の便で帰ったと、嘘を認めなかったのだ。
 このことが原因で僕は会社に解雇されることとなった。社長始め、副社長、部長、課長の前で、僕は僕に与えるべき仕事がないことを告げられ、解雇が決まった。
 まさか、本当にそうなるとは思っていなかったが、後悔はなかった。それは自分本来の道の、道なりに生きてきた結果だろう、と考えた。
[Back]