Nuke.jpg
あとがき

 歴史の時間の長さや、生命誕生の確率などについて考える時、人間というものは不可能に近い可能性を探り出していくことが、本来の使命なのではないか、などと思ってしまう。
 僕が小説を書くことや、水産業界を改善しようとする夢もそういうことのひとつだったのだろう。
 日商岩井シ−フ−ヅに勤めていた頃、千葉の埋め立て地で自転車に乗り、遠くを飛んでいく飛行機をながめながら、僕もいつか夢を実現して、あれに乗って世界に飛躍するのだと思った。
 一九九三年にチャゲ&アスカは振り上げたこぶしを振り下ろせない、時代の閉塞状況を歌って年間ヒット・チャ−トのナンバ−ワンになった…だが、世に生きる人々は自分の持つ社会性を遂げようと努力しなければならないのだろう…水産に限らず、世の中には変革を待っている業界がたくさんあるはずだ。
 誰もが知っていて口に出さない話がある…また、不思議なことに、声なき声が正しい場合が多い…サカナの流通の過程のなかでも、さまざまの嘘がおおい隠されている…この必要悪に対する理解と、部外者への対応を熟知しているニヒリストのみが、この体制のなかで生き残るのだ。
 だが、
 「君よ座して死することなかれ」
 「君よ、ともに戦わん」
と、水産業界の落ちこぼれでしかない僕は社会の片隅からそういいたいのだ。
 時代は少しずつ変わってきていて、ゼネコン汚職問題などで、従来許容された嘘が通用しなくなり始めている。
 今までの嘘や惰性や怠惰を廃絶して、水産業界も日本も革新されるべきなのだ。
 物事には潮時というものがあり、それは自然にかならずやってくるのだろう。
(この本は僕の親、兄弟、親戚、妻、水産業 界時代の知人・友人、カンボジアにいってしまったスティ−ヴ、第三書館の北川社長、僕の中学・高校時代のよき友人たちの温かい支援とまなざしがなければ世に出ることはありませんでした。それらの人々すべてに…どうもありがとう)
一九九六年、秋

[Back]