中村直人の略歴

tai bio

さて、私はどちらでしょう?

私は、子供のころをロスアンジェルスと、カラチですごしました。今は東京に住んでいます。以前は水産関係の会社に勤務し、仕事でノルウェー、カナダ、アメリカ、ロシア、中国、韓国、アイスランドなどの国々へ行きました。今は、世界最大の水産市場、築地中央卸売市場のツアー・ガイドをしています。

1996年に、ロンドンのアデルフィー・プレスから『To be a Good Fish Dealer in Japan--or, such a pity for the fish』を出版し、1997年には、『幻想の魚市場』を東京の第三書館から出版しました。

私が表現したいと思っているのは、「不条理」です。 現代は不条理だらけです。不条理は貧困と相俟って、さまざまな戦争、テロ、犯罪、絶望、憎悪の原因となっています。私の考えでは、不条理がなくなることはけっしてありません。あるのは、許せる不条理と、許せない不条理です。
不条理についての理解を世界に広めるのが、私の最終的な目標です。

私の好きな音楽アルバム、ベスト・ファイブ:
1、「The Band」ザ・バンド
2、「Rumours」フリートウッド・マック
3、「Sheik Yerbouti」フランク・ザッパ
4、「Music Magic Orchestra」Music Magic Orchestra.
5、「Touchdown」ボブ・ジェームズ

私の好きな映画、ベスト・ファイブ:
1、「アメリカン・グラフィティー」(ジョージ・ルーカス)
2、「ニュー・シネマ・パラダイス」(ジュゼッペ・トルナトーレ)
3、「イージー・ライダー」(ピーター・フォンダ)
4、「七人の侍」(黒沢明)
5、「ゆきゆきて、神軍」(原一男)

私の好きな本は、チャールズ・ディケンス、H・G・ウェルズ、シャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンの活躍する話、江戸川乱歩、アルベール・カミュ、ドストエフスキー、阿佐田哲也、寺山修司、五木寛之、レイモンド・チャンドラー、ビル・プロンジーニ、チャールズ・ブコウスキーなどです。メルビィルの『白鯨』もすごい本だと思います。

[Back]