何の痕跡も残さず外国の子どもを誘拐することは
明らかなテロである

この13歳の少女、横田めぐみは1977年11月15日、 megumi
北朝鮮工作員によって海に面した日本の小さな街で拉致
された。拉致の実行は完璧で、神隠しのようだった。

parents
めぐみの両親は、めぐみがどうしたのかまったく分からないまま、20年間をすごす。
しかしその後、横田めぐみは朝鮮民主主義人民共和国に拉致されたのだと判明する。
以下は、この本(『これでもシラを切るのか北朝鮮』石高健次著 幻冬舎文庫) bookcover
のなかで、めぐみさんの消息が両親に明らかになった場面の抜粋です。
「‥‥母親の早紀江は再び大きく肩で息をすると口を開いた。
『こんなにはっきりとした形で、それも希望を持てる形で情報がもたらされたのは、二十年間で初めてのことです。本当に、初めて……。夢のよう、まるで嘘のようです。おっしゃる通りだといい、元気でいてくれるといい、ただ、そう思います』‥‥」
megumi_grownup

拉致されたたくさんの人々の調査の過程で、北朝鮮は横田めぐみの遺骨だとする骨を日本側に渡し、彼女は死んだと伝えた。しかしDNA検査の結果、遺骨はめぐみのものではなく、しかも、ふたりの遺骨が混じっていることが判明した。

これらのことは、北朝鮮という国がいかに人権と正義を無視しているかを証明している。



2006年4月28日、横田早紀江が拉致問題について話すために、ブッシュ米大統領に会いました。
横田早紀江さんがブッシュ米大統領にあてた英文の手紙の全文は、次の通りである。
-----------------------------------------
 親愛なる大統領閣下
 娘のめぐみは一九七七年、北朝鮮に拉致された時、十三歳で、中学校から歩いて帰る途中だった。その後、二十年間は、彼女に何が起きたのか分からず、苦悩の時を過ごした。
 後に亡命した北朝鮮工作員からめぐみが拉致されたことを聞いた。工作員は「彼女は、工作船の船底にある小さな暗い部屋に閉じ込められ、(日本から北朝鮮へ)暗い海を渡る間、『お母さん助けて』と叫びながら、部屋の壁をつめでかきむしっていた」と証言した。
 同封したのは、拉致された後、北朝鮮で撮られためぐみの写真。めぐみは、音楽が好きで、元気な女の子だった。でも、この写真では、とても寂しそうで、私は、思わず「めぐみ、あなたはこんなところにいたの。とても怖かったでしょうね。まだ助けてあげっられなくてごめんね」と言い、写真をなでた。
 今でも、めぐみとほかの拉致被害者は、北朝鮮で生きているに違いない。子どもの失われた年月は、取り返しがつかないが、世界中の国から拉致された被害者を救い、残りの人生を自由の国で過ごさせてあげることはできる。政府から非道な人権侵害を受ける北朝鮮の国民のことも忘れてはならない。
 大統領、私たちがあなたと米国民の助けをどんなにありがたいと感じているかを知っていただきたい。
 横田早紀江
-----------------------------------------

2004.12.31
2006.05.05 updated

back to the homepage